ニューズマックス

ニューズマックス「ロシア、米国のウクライナ危機対応へ楽観は禁物と警告」

写真は、今週水曜日、モスクワで仕事をしているロシアのプーチン大統領は、閣僚たちと仮想会議を行っている様子(AP)

Photo 出典元

米国時間01月27日Newsmax via The Associated Press

日本語解説:WAU

「ロシア、米国のウクライナ危機対応へ楽観は禁物と警告」

記事によると、ロシアは木曜日、米国がロシアの主な要求を拒否したことにより、ウクライナをめぐる危機の解決には「楽観的な根拠はほとんどない」としながらも、対話の可能性は残されていると述べたと伝えています。

ここ数週間、米国とNATO加盟国は、ウクライナ周辺に約10万人のロシア軍が集結していることから、モスクワが旧ソ連の隣国への侵攻を計画しているのではないかとの懸念を表明し、緊張が高まっています。

ロシアはそのような意図はないと否定しており、ヨーロッパの安全性を向上させるために一連の要求を提示しています。

しかし、予想された通り、米国と西側同盟は水曜日に、モスクワの主な要求に対するいかなる譲歩も断固として拒否し、ウクライナのNATO加盟を永久に禁止することを拒否し、東ヨーロッパへの同盟軍の軍隊と軍備の配備は譲れないと述べたと言います。

米国は、ロシアが懸念していることを解決するための分野を提示し、恐らくは紛争問題の軽減への道を提供したでしょうが、しかし、過去数週間にわたって繰り返し行ってきたように、米国はモスクワに対し、ウクライナに侵攻した場合には壊滅的な制裁を科すと警告しています。

ロシア人と主要経済部門を対象とした制裁措置に加えて、複数の米高官は木曜日、ドイツがウクライナ侵攻の際に新しく建設したガスパイプラインの操業を許可しないだろうと確信を持って語ったと言います。

ヨーロッパが再び戦争に突入するのではないかという懸念の中で、ロシアがどのように対応するのか、プーチン大統領の決断に注目が集まっています。

一方、米国のジョー・バイデン大統領は24日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー首相と会談し、最近の米国の軍事援助を含め、米国と同盟国の支援を改めて表明しています。

ゼレンスキー氏は、

「バイデン氏と長時間電話で話した」

とツイートし、

「最近の紛争解決に向けた外交的努力について議論し、今後の共同行動について合意した。ジョー・バイデン大統領には、継続的な軍事支援に感謝した。ウクライナへの財政支援の可能性についても話し合った」

と述べています。

これを受けて、ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は記者団に対し、

「米国からの反応、そしてNATOからの同様の反応は楽観的で根拠に乏しい」

と述べ、しかし、彼は、

「対話を継続する見通しは常にあり、それは我々とアメリカの両方の利益になる」

と付け加えています。

ドミトリー・ペスコフ報道官

Photo 出典元

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ロシア側が「楽観的ではない」と言いながらもコミュニケーションを続けると言ったことに、バイデン政権は一縷の望みを見出したのかという質問に対して、慎重な姿勢を見せ、

「ロシア側が外交上の駆け引きをしているかどうかはわかりません。そうでないことを願っています」

とサキ報道官は語っています。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、

「米国の回答には二次的な問題に関する真剣な話し合いの開始につながる要素が含まれている」

と述べましたが、

「この文書には主要な問題に関する前向きな回答は含まれていない」

と強調しました。

主な問題とは、NATOが拡大しないことロシアを脅かす兵器を配備しないこと、というモスクワの要求であるとして、ラブロフ外相は、最高幹部がプーチンに今後の提案をすると述べ、ペスコフ報道官は、ロシアの反応はすぐに出せるだろうと述べました。

これらのやりとりは、ロシアの次の動きを決定するのはプーチン大統領であることを反映して、このような回避的な公式コメントが出されていると言います。

プーチン氏は、西側諸国が要求を聞き入れない場合には、不特定の「軍事的・技術的措置」をとると警告しているからであるとしてます。

ペスコフ報道官は、

「プーチンとバイデンは、先月の2回の通話に続いて、もう一度会話をする必要があるかどうかを決めるだろう」

と付け加えています。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、ロシアに配信される前に米国の回答を見たが、異論はないと述べ、

「ロシアとのすべての接触の前後に、米国がウクライナと緊密に連絡を取り合うことが重要だ」

とツイートしています。

デンマークを訪問したクレバ外相は、自国の防衛力強化の必要性を強調し、

「この危機は真実の瞬間であり、だからこそ我々は武器について語るのだ。プーチン大統領に、我々の防衛の鎖に弱点がないことを理解してもらうために、我々全員の確固たる立場について話す理由である」

と述べています。

ドミトロ・クレバ外相

Photo 出典元

ドイツのアナレーナ・バーボック外相は、ウクライナに関する議会の討論会で、政府は同盟国と政策を緊密に調整しており、ロシアの新しいガスパイプライン「ノルドストリーム2」のドイツへの敷設を含むさまざまな選択肢を検討していると述べています。

外交が停滞する一方で、緊張を高めるような作戦も行われています。

ロシアは、ロシア南西部での歩兵・砲兵部隊、バルト海のカリーニングラードでの戦闘機黒海と北極での数十隻の軍艦ベラルーシでのロシア軍戦闘機と落下傘部隊を含む一連の軍事訓練を開始しました。

NATOバルト海地域での抑止力を強化しているとし、米国は欧州に展開する可能性のある8,500人の部隊に厳戒態勢を命じました。

このような緊張状態の中、何千人ものウクライナ人が、ツイッターやフェイスブック「#UkrainiansWillResist」というハッシュタグをつけて、ロシアの圧力に立ち向かう決意を表明しています。

このキャンペーンを始めたアンドレイ・リーヴス氏は、

「誰もウクライナ人にクレムリンの最後通告を受け入れさせることはできない」

とツイッターに書いています。

戦争への不安が高まる中、ウクライナ内務省は、爆発物の取り扱いを中心とした緊急事態での行動に関する訓練を実施しました。

ウクライナでのロシアの攻撃に対する懸念に加えて、モスクワの対応として、西半球への軍事展開が考えられています。

ロシアの上級外交官は最近、キューバやベネズエラへの軍事展開を否定しなかったが、プーチン氏の幹部は木曜日、その見通しに懐疑的な見方を示しています。

ロシア安全保障会議の副議長であるドミトリー・メドベージェフ氏は、ロシアのメディアに対し、

「キューバとベネズエラは孤立から抜け出し、米国との正常な関係をある程度回復することを目指しており、ソ連時代に起こったような基地設置の話はあり得ない」

と語っています。

メドベージェフ副議長は、欧米諸国がウクライナを利用してロシアを封じ込めようとしていると主張する一方で、

「ロシアとNATOの衝突は最も劇的で単純に破滅的なシナリオであり、決して起こらないことを望む」

と沈痛な面持ちで認めています。

ドミトリー・メドベージェフ氏

Photo 出典元

ロシアの攻撃に対する懸念が残る一方で、ウクライナでは分離独立派の紛争が勃発しています。

2014年にクレムリン寄りの大統領がキエフで失脚した後、モスクワはウクライナのクリミア半島を併合し、同国東部の産業の中心地で反乱軍を支援しました。

ウクライナ軍とロシアが支援する反政府勢力との間の戦闘では、14,000人以上が死亡しており、和解に向けた努力は停滞しています。

紛争が始まって以来、ロシアは分離主義者に軍隊や武器を送っているとNATOと米国に非難されていますが、ロシアはこれを否定しています。

木曜日、ペスコフ氏は、クレムリンの主要政党である「統一ロシア」が提案した、西側の武器がウクライナに提供された場合、モスクワは反政府勢力に武器を送ることで対応するという提案についてはコメントを控え、また、プーチン大統領はこの提案を知っているが、すぐには反応しないと付け加えています。

ウクライナ、ロシア、フランス、ドイツの特使は水曜日にパリで会合を開き、紛争解決の方法を協議しましたが、目に見える進展はなく、2週間後に再度会合を開くことで合意しています。

ウクライナのゼレンスキー首相は、この会談を「建設的」と評価し、4カ国の首脳が早急に会談することを求めたと言います。

以上。

スポンサー広告
ビジネス必須機能を全モデルに搭載!ビジネスバッグ公式通販【TRANSIC】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。