AP通信

AP 10月9日「なぜイラクの選挙が世界にとって重要なのか?」

写真は、2021年10月5日(火)、イラクのバグダッドで行われた議会選挙前の集会で、「アル・ファテ同盟」という政治運動の支持者が唱和している様子。イラクでは10月10日(日)、2003年の米国主導の侵攻によってイラクの独裁者サダム・フセインが倒されてから5回目となる選挙が行われ、ほとんどのイラク人が真の変化を待ち望んでいる。(AP Photo/Khalid Mohammed)

Photo 出典元

日本時間10月9日AP通信
by ゼイナ・カラムカシム・アブドゥル・ザハラ

日本語解説:WAU

なぜイラクの選挙が世界にとって重要なのか?

Why do Iraq’s elections matter to the world?

記事によると、日曜日に行われるイラクの選挙には、大きな課題があると言います。イラク経済は、長年の紛争、汚職の蔓延、そして最近ではコロナウイルスのパンデミックによって打撃を受けています。

これによって、国家機関は機能不全に陥がインフラは崩壊しつつあります。強力な準軍事組織が国家の権威をますます脅かしており、長年にわたる「イスラム国」グループとの戦いで、何十万人もの人々がいまだに家を失ったままでいます。

イラク人の多くは、日常生活に大きな変化を期待していませんが、今回の議会選挙は、中東のライバルであるイランとサウジアラビアの間を仲介するなど、中東の重要な時期にイラクの外交政策の方向性を決めることになります。

ハーバード大学ケネディスクール・ベルファーセンターのイラク系アメリカ人研究員であるマーシン・アルシャマリー氏は、「イラクの選挙は、この国の将来の指導者が地域のパワーバランスをどのように揺るがすかを見極めるために、この地域のすべての人々が注目することになるでしょう」と述べています。

マーシン・アルシャマリー氏

Photo 出典元

今回の選挙は、2019年に勃発した大規模な抗議活動を受けて、早期に実施されます。街頭でのイラク人デモ参加者の要求により、投票が行われるのは初めてのことです。

また、若い活動家たちのもう一つの要求である、イラクをより小さな選挙区に分割し、より多くの独立した候補者を可能にする新しい選挙法の下で投票が行われます。

今年初めに採択された国連安全保障理事会の決議により、選挙を監視するためのチームの拡大が認められました。国連からの150名を含む最大600名の国際監視団が派遣されます。

また、イラクでは初めて、有権者の生体認証カードを導入します。また、電子投票カードの悪用を防ぐために、投票後72時間は電子投票カードを使用できないようにして、二重投票を防止します。

しかし、このような対策にもかかわらず、票の買収、脅迫、操作が行われているという主張は根強く残っています。


Photo 出典元

シーア派の分裂

サダム政権崩壊後、イラクの権力基盤がスンニ派からシーア派に移った時と同様に、イラクのシーア派のグループが選挙戦を支配しています。

しかし、特にシーア派のグループは、シーア派の大国である隣国イランの影響力をめぐって分裂していると言います。2018年の選挙で最大の勝利者となったシーア派の有力聖職者モクタダ・アル・サドル氏の政治ブロックと、2位となった準軍事指導者ハディ・アル・アメリ氏が率いるファタフ・アライアンスとの間で、厳しい戦いが予想されています。

モクタダ・アル・サドル氏

Photo 出典元

ハディ・アル・アメリ氏

Photo 出典元

アル・ファテ同盟は、スンニ派過激組織「イスラム国」との戦いで頭角を現した親イラン派のシーア派民兵を中心とした傘下グループである「人民動員軍」に所属する政党で構成されています。

その中には「Asaib Ahl al-Haq」の民兵組織のような最も強硬な親イラン派も含まれています。民族主義者でポピュリストのリーダーであるアル・サドル氏は、イランに近い立場にありますが、公的にはイランの政治的影響力を否定しています。

イランと密接な関係にあるシーア派の強力な民兵組織である「カタイブ・ヒズボラ」は、今回初めて候補者を擁立しました。

投票ボイコットの呼びかけ

変革を求めるデモに参加した活動家や若いイラク人たちは、投票に参加するかどうかで意見が分かれています。

2019年のデモには死の灰が降り注ぎ、数ヶ月の間に少なくとも600人が死亡しました。当局は譲歩して早期選挙を実施しましたが、死者数の多さと強引な取り締まりにより、デモに参加した多くの若い活動家やデモ参加者は後にボイコットを呼びかけました。

また、35人以上の犠牲者を出した一連の誘拐・暗殺事件は、多くの人々の参加意欲を減退させました。

イラクのシーア派聖職者のトップであり、広く尊敬されている権威であるアリ・アル・シスタニ大師は、投票はイラク人が自国の未来を形作ることに参加するための最良の方法であり続けると述べ、多くの投票を呼びかけています。

アリ・アル・シスタニ大師

Photo 出典元

2018年の選挙では、投票資格のある有権者の44%しか投票できず、記録的な低投票率となったことから、投票結果は広く争われました。

今回も同様に、あるいはさらに低い投票率になることが懸念されています。

27歳の民間企業に勤めるムスタファ・アルジャブーリ氏は、デモで殺された友人たちを「目の前で目撃」した後、投票はしないと言います。

「私は18歳になってから、すべての選挙に参加してきました。選挙の度に私たちはいつも、変化が訪れ、物事が改善されると言っていますが、私が見てきたのは、物事はいつも悪い方へ悪い方へと進んでいくということです。今では、同じ政党の同じ顔ぶれが選挙ポスターに貼られている」と、バグダッドのコーヒーショップでフッカーを吸いながら語りました。

地域への影響

イラクの投票は、バイデン政権が中東から徐々に撤退し、伝統的な同盟国であるサウジアラビアとの関係が冷え込んでいることもあって、この地域での外交活動が活発化している中で行われます。

現首相のムスタファ・アルカディミ氏は、イラクを中東の危機の中立的な調停者として表現しようとしています。ここ数カ月、バグダッドでは、地域のライバルであるサウジアラビアとイランの直接会談を何度か開催し、緊張緩和に努めています。

ムスタファ・アルカディミ氏

Photo 出典元

アルシャマリー氏は、アラブ諸国は今回の選挙でイラン寄りの派閥がどのような成果を上げるかに注目しており、逆にイランは欧米寄りの政治家がどのような成果を上げるかに注目していると述べています。

「この選挙の結果は、今後数年間、この地域の外交関係に影響を与えるでしょう」と述べています。

イラクの法律では、日曜日に投票結果の勝者が次の首相になることになっていますが、どの連立政権も明確な多数派を確保できるとは考えられません。そのためには、コンセンサスを得られる首相を選び、新しい連立政権に合意するための、裏方の交渉を含む長いプロセスが必要となるのです。

ワシントンに拠点を置く中東研究所のランダ・スリム氏は、イラクが地域の調停役を果たしているのはアルカディミ氏の功績であり、イラクにおける米国とイランの利益のバランスを取ることに成功した結果であると述べています。

スリム氏は、「もし彼が次の首相になれなければ、これらのイニシアチブはすべて維持できなくなるかもしれない」と述べています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です