Extra ニュース

ジョン・ケリー米国大統領特使、「バイデンは『文字通り』核取引について何も知らなかった」とフランスのBFM TVとのインタビューで答える

Photo 出典元

米国時間10月5日Washington Examiner
by ベケット・アダムス
Becket Adams
同誌シニア・コメンタリー・ライター

Photo 出典元

日本語解説:WAU

ジョン・ケリー米国大統領特使、「バイデンは『文字通り』核取引について何も知らなかった」とフランスのBFM TVとのインタビューで答える

John Kerry: Biden ‘literally, literally’ had no clue about nuclear deal in an interview with the French news channel BFM TV

記事によると、ジョン・ケリー米国大統領特使は、「ジョー・バイデン大統領は、英国とオーストラリアとの秘密の原子力技術協定がフランスとの外交問題を引き起こしたことを「文字通り」知らなかった」といいます。

実際、ケリー氏は今週、フランスのニュースチャンネルBFM TVとのインタビューで、フランス政府が史上初めて駐米大使を召還した外交上の大失敗について、自ら大統領に報告しなければならなかったと主張しています。

BFM TVのインタビュー映像↓

この発言は、火曜日にNational Review誌のJim Geraghty記者が報じたもので、アメリカとフランスの長年の関係についての大きな話題となっています。

映像で、ケリー氏はインタビュアーから、フランスが核条約から外れることはアメリカとの友好関係を裏切ることになると批判する人々にどう対処するかを尋ねられた際、「核兵器禁止条約の最終版は裏切りではない」とケリーは答ええています。むしろ、アントニー・ブリンケン国務長官がすでに明らかにしているように、適切なコミュニケーションが取れなかっただけだと付け加えています。

ケリー氏によると、「バイデンは私に聞いてきました。『どういう状況だ』と言ったので、私は正確に説明しましたが、バイデンはそのことを知りませんでした。彼は、文字通り、文字通り(2回強調して)、何が起こったのか知らなかったのです」と言いましたが、インタビュアーが驚いて「あなたはジョー・バイデンに、それは正しくないと言ったのですか?」とケリー氏の言葉を遮って尋ねました。

もしケリー氏の話が本当なら、アメリカ最古の同盟国のひとつであるフランスが、アメリカの核技術協定から除外されたことを知って激怒したことを、アメリカ大統領は知らなかったということになるのです。しかも、単なる怒りではありません。実際、フランスは非常に怒っており、駐米大使を呼び戻したほどです。これは前例のない、全く控えめではない行為であり、明らかに怒りと極度の失望を表しているのです。

バイデンは本当このことを知らなかったのでしょうか?

大西洋の反対側の状況を知るために、バイデンの気候特使からの説明が必要だったのですか?

ケリー氏は続けて、「この件の詳細には触れたくありませんが、大統領は、私の大統領は、関係を強化し、この件が過去の小さな出来事となり、より重要な未来に向かって進んでいくことに非常に力を注いでいると言えます」と述べています。

では、実際にオーバルオフィスで指揮を執っているのは誰なのでしょうか?というのも、バイデン氏は日常的に情報を得ていないか、あるいは国内外の重要な出来事の鍵を握っているのは、かなり後になってからだという逸話が増えているからです。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です