Extra ニュース

ロイター「分析によると日本の 『影の将軍』安倍首相、岸田氏への影響力を確信:海外から見た総裁選」

写真は、2020年8月28日、東京の首相官邸で行われた記者会見で話している安倍晋三元首相。Franck Robichon/Pool via REUTERS
Photo 出典元

日本時間9月30日午後7時32分ロイター
by リンダ・ジーク
Linda Sieg

日本語解説:WAU

分析によると日本の “影の将軍 “安倍首相、岸田氏への影響力を確信:海外から見た総裁選

Analysis: Japan ‘shadow shogun’ Abe assured clout over next PM Kishida

ロイターの記事によると、日本の安倍晋三元首相は、今週行われた次期首相を選ぶ与党投票には出馬しなかったが、かつて外務大臣を務めた岸田文雄氏が勝利したことで、安倍氏とその保守層が勝者となり、政策面での影響力が確実なものとなりました。

安倍元首相は、中国との重要な経済関係を考慮して対話のドアを開けておきながら、強硬な防衛政策と自己主張する北京に対する厳格な姿勢をとっており、岸田氏の下では日本の外交と安全保障政策の基盤となるだろうとアナリストは述べています。

笹川平和財団の渡辺恒雄上席研究員は、「優先されるのは、アメリカとの関係を強化し、日本独自の防衛力を強化することです。しかし、その過程では、経済的なダメージをできる限り抑えたいと考えるでしょう」と語りました。

渡辺恒雄氏

Photo 出典元

日本で最も長く首相を務めた安倍首相は昨年、健康上の理由で辞任し、再選の夢は消えたが、後継者で長年の副官である菅義偉氏がその姿勢を引き継ぎました。

しかし、菅氏は今月、コロナの流行への対応を理由に投票率が低下し、与党4党の中では珍しい政局不安を引き起こしたため、辞任せざるを得なくなりました。

安倍首相は、自民党総裁選のスタート時には岸田氏を表立って支持せず、超保守派の高市早苗氏を支持して、日本初の女性首相を目指していました。

高市氏が1回目の投票で驚くべき好成績を収めた後、彼女の支持者である議員たちは、人気の高い河野太郎ワクチン大臣との決選投票で岸田氏を支持しました。

淡々としたイメージのコンセンサス型の政治家である岸田氏(64歳)は、水曜日に自民党総裁に就任し、国会での自民党の支配力のために菅氏の後任として首相になることが事実上確実となりました。

米国の独立した超党派の政策研究所、アメリカン・プログレス・センタートバイアス・ハリス上級研究員は、「高市氏が出馬し、安倍氏が彼女の後ろで全力を尽くしたことが、レースを変えた」と語っています。

トバイアス・ハリス氏

Photo 出典元

岸田氏は、安倍首相の意向を考慮して閣僚や党の主要ポストを再編する可能性が高いが、それがどこまで進むかが注目されるとアナリストは言います。

高市氏は自民党の政調会長に就任する可能性が高いと、地元メディアが木曜日に伝えました。

高市早苗氏

Photo 出典元

また、安倍首相の盟友であり、日本の機密技術を保護するための経済安全保障政策の立案者である甘利明元経済相は、中国との関係で知られる二階俊博自民党幹事長の後任になる可能性があるといいます。

甘利明氏

Photo 出典元

二階氏の退任について、ハリス氏は「(中国と)仲良くすることを支持する重要な声が一つ減ることになる」と述べました。

新内閣では、安倍首相の下で文部科学大臣を務めた保守派の松野博一議員が官房長官になる可能性が高いとNHKが報じ、朝日新聞は安倍首相の盟友である萩生田光一氏が官房長官になる可能性があると報じています。

右傾化

岸田氏は自民党の伝統的な穏健派の出身で、自民党の選挙戦ですでに右に傾いていました。これは自民党内の変化を反映したものであり、勝利のためには安倍元首相の助けが必要になる可能性があるからです。

岸田氏は、安倍首相が支持する敵基地攻撃能力の獲得は実行可能な選択肢であるとし、中国の少数民族ウイグル人の扱いを監視するための補佐官を任命すると述べました。一方、中国は相変わらず虐待の告発を否定しています。

また、メディアへのインタビューで岸田氏は、中国から反逆的な省とみなされている台湾を、権威主義の進出に抵抗する民主主義国の闘争における「最前線」と呼んでいます。

また、安倍首相は、米国、オーストラリア、インド、日本の4カ国で構成されるQUADグループとの関係を維持することを期待しています。QUADグループは、中国が台頭を封じ込めようとしていると考えているからです。

コロンビア大学名誉教授のゲリー・カーティス氏は、「安倍首相は岸田氏をもっと右に引っ張ろうとするだろうが、その成功は限られたものになるだろう」と述べています。

ゲリー・カーティス氏

Photo 出典元

しかし、北京やソウルから日本の過去の軍国主義の象徴と見られている戦没者の靖国神社への参拝というホットボタンの問題については、岸田氏は曖昧な態度を示しました。安倍首相は2013年に首相として一度だけ靖国神社を参拝し、中国と韓国を怒らせ、ワシントンも動揺させました。

上智大学の中野晃一教授は、「彼(河野氏)は首相になりたかっただろうが、それは安倍首相と安倍首相の盟友である(麻生太郎)財務大臣に忠誠を誓ってのことだ」と述べ、岸田氏も彼らの意見を受け入れなければならなかったと付け加えました。

しかし、岸田氏の最初の大きな課題は、11月28日までに実施されなければならない総選挙です。国民の支持率が回復すれば、自民党は菅氏にうんざりした有権者からの最悪のシナリオを避けることができるでしょう。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です