フォックス・ビジネス

FOX ビジネス「ファーウェイのCFOカナダから中国へ帰国、バイデン大統領は、政権が中国に屈しているという批判をさらに受けることになる」

写真は、Huawei社の最高財務責任者である孟晩舟(もう ばんしゅう)氏は、彼女に対する銀行詐欺事件を終わらせることで米国の検察官と合意し、中国と米国の間の緊張点を和らげた後、金曜日に中国に向けて出発しました。(AP通信)Photo 出典元

米国時間9月25日FOX ビジネス
by カレン・フレイフェルド
Karen Freifeld

by ケネス・リー
Marie Jackson

by モイラ・ウォーバートン
Moira Warburton

by デビッド・リュングレン
David Ljunggren

日本語解説:WAU

ファーウェイのCFOカナダから中国へ帰国、バイデン大統領は、政権が中国に屈しているという批判をさらに受けることになる

FOX ビジネスの記事によると、ファーウェイ社の最高財務責任者である孟晩舟(もう ばんしゅう)氏は、彼女に対する銀行詐欺事件を終わらせることで米国の検察官と合意した後、金曜日に中国に帰国し、中国と米国の間の緊張点を和らげました。

この合意のニュースの数時間後には、2018年12月にもう ばんしゅう氏が身柄を拘束された直後に逮捕された2人のカナダ人が中国の刑務所から釈放され、カナダに帰国しました。北京は、彼らの釈放が関連していることを否定しました。

長年にわたる身柄引き渡しの交渉は、ますます険悪になっている北京とワシントンの関係不和の中心的な原因となっており、中国政府は、世界のトップ2大国間の外交の行き詰まりを解消するためには、この事件を取り下げる必要があると示唆していました。

また、バイデン米大統領は、「中国との世界的な技術競争の中心となっている中国のトップ企業に屈することになる」と主張する、ワシントンの嫌中派からの批判にさらされています。

孟氏は、2013年に通信機器大手のHSBCとイランのビジネス取引について誤解を招いた疑いで、米国がバンクーバー国際空港で逮捕し、銀行詐欺および電信送金詐欺の容疑で起訴されました。

ロイターは金曜日の独占記事で、米国が孟氏と起訴猶予契約を結んだと報じました。ブルックリンの連邦検事代理であるニコル・ボックマン氏は、合意に至ったことについて、「孟氏は、世界的な金融機関を詐取するための計画を実行する上で、自らが果たした主要な役割について責任を負っている」と述べています。

ニコル・ボックマン氏

Photo 出典元

ボックマン氏は、「今回の合意は孟氏にのみ関係するもので、米司法省はファーウェイに対する裁判の準備を進めており、法廷で立証することを楽しみにしている」と述べています。

ファーウェイのスポークスウーマンはコメントを控えました。

この件に詳しい人物によると、ファーウェイ創業者の任正非(じん せいひ)氏の娘である孟氏は、深圳行きの便でカナダを出発したと言います。

カナダのコンサルタントで、北朝鮮で幅広く活動し北朝鮮への投資や観光を促進する団体「白頭山文化交流センター」のディレクターを務めている、マイケル・スパバー氏と、元外交官のマイケル・コブリグの2人のカナダ人は、中国で1,000日以上拘束されていましたが、今年8月、中国の裁判所はスパイ活動の罪でスパバー氏に11年の懲役刑を言い渡していました。

カナダのジャスティン・トルドー首相は、金曜日の深夜に記者団に対し、2人は数分前に中国の空域を離れたと短いコメントを発表しました。なお、会見では、トルドー首相と中国の間で二国間取引が成立したかどうかについては尋ねられませんでした。

バイデン政権がファーウェイへのチップ販売を許可したとの報道に共和党議員が反発

トルドー首相は、「私は、カナダとこの2人のカナダ人に連帯してくれた世界中の国際社会の同盟国とパートナーに感謝したい」と述べました。

孟氏が事実上出席した金曜日のブルックリン連邦裁判所での公聴会で、米国のデイビッド・ケスラー検事補は、2022年12月に終了する契約に基づく義務をすべて履行すれば、政府は孟氏に対する告訴の棄却を申し立てると述べました。また、米国はカナダへの身柄引き渡し要求を撤回する予定だと述べました。

孟氏は公聴会で無罪を主張し、その後、米国地方裁判所のアン・ドネリー判事が起訴猶予の合意を受け入れると、孟氏は大きなため息をつきました。

その後、カナダの判事が孟氏の釈放命令に署名し、保釈条件を取り消し、約3年間の自宅軟禁を経て自由の身となりました。

判事の命令の後、彼女は感情的になり、弁護士と抱き合って感謝しました。

その後、孟氏は裁判所の階段で支援者や記者の前で、裁判官の「公正さ」に感謝し、この事件がいかに自分の人生を「ひっくり返した」かを語りました。

孟氏は、夜はバンクーバーの高級住宅に閉じこもり、保釈契約の一環として、プライベート・セキュリティによって24時間監視されていました。

中国の国営メディアは「ファーウェイのプリンセス」と呼んでいますが、彼女の行動を監視するために足首への電子ブレスレットの装着が義務付けられていることや、、それが彼女のデザイナーズシューズの上にぶら下がっていたことは、タブロイド紙の恰好のネタにされていました。

ファーウェイの機密

2012年と2013年にロイター通信が掲載した、ファーウェイ、香港のペーパー企業スカイコムなど、孟氏に関する記事は、米国の刑事事件で重要な意味を持っていました。

同紙は、スカイコムが2010年にイラン最大の携帯電話事業者に、禁輸措置を受けたヒューレット・パッカードのコンピュータ機器を少なくとも130万ユーロ相当で販売することを申し出たと報じていました。

また、孟氏が2008年2月から2009年4月までスカイコムの取締役を務めていたことを含め、ファーウェイとスカイコムの間の多くの財務上および人事上のつながりを報じました。

ファーウェイは2019年、米国の国家安全保障や外交政策上の利益に反する活動を理由に、同社への販売を制限する米国の貿易ブラックリストに登録されました。この制限は同社の足かせとなっており、米国の供給制限により、新たな成長分野が成熟する前に、かつて優位に立っていた携帯電話事業の一部を売却することになったため、2021年上半期には最大の減収となりました。

米国のブラックリストには、孟氏とファーウェイに対する刑事事件が引用されています。同社は無罪を主張していますが、ファーウェイは、犯罪企業として活動し、企業秘密を盗み、金融機関を欺いた罪に問われています。

この件について、カナダ政府の関係者は、米国の裁判手続きが終わるまでコメントしないと述べています。

ドナルド・トランプ大統領(当時)は、孟氏の逮捕直後にロイター通信に対し、「国家安全保障や貿易取引の確保に役立つのであれば介入する」と述べ、この事件を政治的にしました。孟氏の弁護士は、彼女は2つの超大国間の政治的な戦いの駒であると述べています。

共和党の中国強硬派は、金曜日のこの釈放取引を「屈服」と呼び、共和党のトム・コットン上院議員は声明の中で、「バイデン大統領は、中国の人質行為や恐喝に対して毅然と立ち向かう代わりに、あっさりと折れてしまった」と述べています。

米政府高官は、孟氏のケースは司法省が単独で処理しており、緊迫した中国との関係に対する米国のアプローチには関係ないと述べています。

米国のウェンディ・シャーマン国務副長官が7月に中国を訪問した際、中国の謝朋副外交官は、米国が孟氏の身柄引き渡しを取りやめるよう主張していました。

米国政府は、北京が孟氏の事件と拘束されている2人のカナダ人の事件を結びつけていることを認めているが、ワシントンは2人を交渉の材料として見ているわけではないと主張しています。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

今回の記事の内容からも分かるように、バイデン政権になって以来、約9か月という短い期間で、米国の世界における影響力が著しく弱くなりました。トランプ大統領の4年間で成し遂げた、中国包囲網も今では隙間だらけになっているように感じます。現在の中国の経済的危機が叫ばれていますが、先月のアフガン撤退は勿論、バイデン政権の失態はこの先も当分続くのでしょう。

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です