Extra ニュース

最後の米軍がアフガニスタンから撤退し、タリバンが「完全な独立」を祝う

写真は2021年8月31日、アフガニスタン・カブール空港バドリ313軍団に話しかけるタリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官(ハンドアウトビデオから得た静止画)。タリバン/ハンドアウト・バイ・REUTERS

Photo 出典元

2021年8月31日Reuters
日本時間午後4時41分
取材:ロイター支局、執筆:スティーブン・コーツ、編集:リンカーン・フィーストサイモン・キャメロン・ムーア

日本語解説:WAU

最後の米軍がアフガニスタンから撤退し、タリバンが「完全な独立」を祝う

Taliban celebrate ‘complete independence’ as last U.S. troops leave Afghanistan

8月31日(ロイター) 最後の米軍の撤退に伴い、タリバンの戦闘員が空港を制圧し、20年にわたる戦争に終止符を打ち、2001年当時よりもイスラム過激派が強くなったことを祝う銃声がカブールに響き渡った。

タリバンが配信した不安定なビデオ映像には、最後の米軍が午前0時1分前に離陸した後に空港に入る戦闘員の姿が映っており、ワシントンとそのNATO同盟国にとって、性急で屈辱的な撤退の終わりを告げている。

アルジャジーラTVによると、タリバンのカリ・ユスフ報道官は、「最後の米兵がカブール空港を離れ、わが国は完全な独立を果たした」と述べた。

カリ・ユスフ報道官

Photo 出典元

米陸軍は、カブールからの最終避難便に乗った最後の米兵、第82空挺師団司令官クリス・ドナヒュー少将の暗視カメラによる画像を公開しました。

最終避難便に乗った最後の米兵

Photo 出典元

写真は第82空挺師団司令官のクリス・ドナヒュー米陸軍少将は、2021年8月30日、アフガニスタンのカブール国際空港を出発する最後の米軍人として、C-17輸送機に乗り込んだ(暗視光学系を使って撮影)。XVIII Airborne Corps/Handout via REUTERS

アメリカ最長の戦争は、約2,500人の米軍と推定24万人のアフガニスタン人の命を奪い、約2兆ドルの費用をかけました。

その結果、タリバンを政権から追い出し、アルカイダがアフガニスタンを拠点として米国を攻撃するのを阻止することに成功したが、イスラム強硬派の武装勢力が以前の統治時代よりも多くの領土を支配することになった。

1996年から2001年の間、タリバンは厳格なイスラム法を残忍に施行していましたが、今後数ヶ月の間にタリバンがより穏健で包括的な政府を樹立するかどうか、世界が注目しています。

何千人ものアフガニスタン人が、タリバンの報復を恐れてすでに逃亡しています。この2週間、米国とその同盟国による大規模かつ混沌とした空輸により、12万3千人以上の人々がカブールから避難したが、戦時中に西側諸国を助けた何万人もの人々が取り残された。

米国の国務長官アントニー・ブリンケンは、200人以下、おそらく100人近いと推定しているアメリカ人の一団が退避を希望していたが、最終便に乗ることができなかった。

イギリスのドミニク・ラーブ外相は、約5,000人が避難した後、アフガニスタンにいるイギリス人の数は数百人程度としている。

米中央軍司令官のフランク・マッケンジー将軍は、米国防総省のブリーフィングで、在アフガニスタン米国首席外交官のロス・ウィルソン氏がC-17の最終便に搭乗していたことを明らかにしました。

マッケンジー司令官は記者団に対し、「この出発には多くの心の傷がある」と述べた。「望んでいた全員を送り出すことはできませんでした。しかし、あと10日も滞在していたら、全員を脱出させることはできなかったと思います」。

フランク・マッケンジー将軍

Photo 出典元

米軍が出発する際には、70機以上の航空機、数十台の装甲車を破壊し、出発前夜に「イスラム国」のロケット攻撃を試みた際に阻止した防空フェンスを無効にしました。

アメリカの恥を世界に晒したジョー・バイデン大統領は、声明の中で、火曜日の撤退期限を守るという決定を擁護しました。彼は、世界はタリバンに対し、アフガニスタンからの撤退を望む人々に安全な通路を提供するという約束を守らせるだろうと述べました。

バイデン氏は、危険な避難を実行した米軍に感謝し、「これで、20年間にわたるアフガニスタンでの軍事的プレゼンスは終わりました」と述べました。彼は火曜日の午後にアメリカ国民に向けて演説を行う予定です。

米国は2001年にタリバンを追放し、9月11日の同時多発テロを首謀したアルカイダ過激派を匿っていたという目的をとっくに達成したと述べています。

共和党員や一部の民主党員からは、タリバンがカブールを制圧した後のアフガニスタン政策について強い批判が寄せられているが、米国が支援する政府は崩壊している。

上院情報委員会の共和党メンバーであるベン・サッセ上院議員は、米国の撤退は「バイデン大統領の臆病さと無能さの直接的な結果」であり、「国家的な恥辱」であると述べました。

ベン・サッセ上院議員

Photo 出典元

しかし、民主党のシェルドン・ホワイトハウス上院議員はツイッターで、「我々の外交官、軍、情報機関にブラボー。あの危険で物騒な状況下での12万人の空輸は、他の誰にもできないことだ” と述べています。

ブリンケンは、米国はタリバンの新政府が国内の反対派に対する報復を行わないのであれば、タリバンと協力する用意があると述べた。

「タリバンは国際的な正統性と支援を求めている」と彼は述べた。「我々の立場は、いかなる正統性と支持も獲得しなければならないということだ」と述べた。

タリバンの報道官ムジャヒッド氏は、20年間の敵対関係にもかかわらず、タリバンは米国との外交関係を確立したいと語った。

イスラム首長国は全世界と良好な外交関係を持ちたいと考えている」と述べた。

隣国パキスタンのシャー・メフムード・クレシ外相は、アフガニスタンの新政府がまもなく誕生すると予想していると述べた。

彼は首都イスラマバードで行われた記者会見で、「我々は、アフガニスタンで近日中にコンセンサス政府が成立すると期待している」と述べた。

シャー・メフムード・クレシ外相

Photo 出典元

タリバンは、戦争で破壊された経済を復活させなければならないが、以前の支配者層に流れた何十億ドルもの外国からの援助や組織的な汚職に頼ることはできない。

また、都市部以外に住む人々は、深刻な干ばつによって悪化した、国連当局が言うところの壊滅的な人道的状況に直面しています。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です