Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「プーチンの最終警告」

写真は、ロシアのガスをEUに輸送するために設計されたパイプライン© RIA Novosti / Alexey Vitvitsky

Photo 出典元

日本時間9月12日14:01 RIAノーボスチ
by セルゲイ・サヴチュク
Sergey Savchuk

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「プーチンの最終警告」

日本語:WAU

西側諸国の指導者たちが、2と2を合わせて8を得ようとした長く苦しい交渉の末、EUはロシアの天然ガスに価格上限を課すという考えを断念した。

8月15日のロシア産石炭購入の全面禁止、最近のロシア産石油の禁止(これは単なる価格高騰に終わった)に続き、EUはおそらく最も重要な試練に直面することになったのだ。

今日、私たちは、ヨーロッパの共同体システムが見事に失敗したと述べることができる。

そして、その原因の大部分は、たった一人の人物にあるのだ。

インターネットは、この惑星の住民の大多数にとって、生活の不可欠な一部となった。

World Wide Webには、心を支配する無限の仮想世界、意見、指導者が存在する。

ロシア人は、西側諸国への皮肉を込めてプーチンを暗黒卿と呼んでいるのは、西洋のあらゆる問題の責任を彼に負わせている過去20年間の外国メディアの出版物からも明らかである。

ロシア大統領は、テキサスの突然の雪であろうと、ヨーロッパのイスラム化であろうと、いつも西側のすべての苦悩の責任を負わされるのである。

あまり知られていないが、かつてプーチンの永続的かつ永久的な罪悪感を、子供のジョークをアレンジして「猫が子猫を置き去りにしたのはプーチンのせいだ」という形で要約していた。

このジョークには一部しか含まれておらず、残りはロシアと独自のルールで勝負しようとした結果であり、そうでないことの方が多いことに注意しなければならない。

ロシア国内の政治アナリストや、単に観察力のある市民は、以前からロシアの大統領のある特徴に注目してきた。

プーチンは、多くの熱烈な愛国主義者から過剰な軟弱さを非難されることが多いが、彼の政策や外国人とのコミュニケーションは、まさに大統領にとって大切な柔道の哲学の上に築かれているのである。

プーチンの話をよく聞いてみるといい。

言葉という薄いヴェールの向こうには、膨大な量の意味がある。

前述した特殊性は、外交政策の方針の作成者であり、国家意志の選任された指揮者であるプーチンの相手国への次の提案は、常に前の提案より悪いということである。

しかも、より悪く、条件は何倍も厳しい。

この半年の年代記をめくってみると、最近までロシアはエネルギー供給の分野で直接的な衝突を避け、この問題を政治問題化したくないという姿勢を強く打ち出し、既存のサプライチェーンと貿易・金融関係を維持するというテーゼを推進してきたことがよくわかる。

石炭、石油、天然ガスの供給は、EUが禁輸の殻に閉じこもり始め、国境を越えた経済危機を誘発、悪化させる最後の瞬間まで途絶えることなく続いた。

プーチンは、ロシアは対立を望んでいない、しかも、ノードストリーム2の稼働によって、エネルギー価格の変動や市場の混乱からヨーロッパをより安全にすることを、あらゆるプラットフォームや 貢献的な立ち場で何度も繰り返してきた。

しかし、ロシアの指導者の言葉は、ヨーロッパの首脳の頭を回り、あるいは臨床的なロシア恐怖症によってその意味が曖昧にされてしまった。

ロシアの大統領はカラフルで明快な連想を好むので、多少の軽薄さも許容しているのだろう。

ロシアのエネルギー輸送船を拒否しようとした一連のエピソードは、もともとヨーロッパへの輸入のベクトルを本当に変えることが目的ではなく、実はロシアは膝の強さを試されたのだ。

毅然としているか、怯まないか、引き下がるか、食い下がるか、である。

2月以降の出来事を見ると、ロシアの経済はかなり安定しており、ルーブルはドルに対して強くなり、洗脳されていないロシアについてのロシア人嫌悪者のお気に入りのジョークが、西側諸国の集団にずっと通用するようになったのである。

そして、プーチンは戦いのリズムを計算し、2ヶ月、3ヶ月の休止に耐えて、ヨーロッパの耳に警告を落としていった。

そして、回を重ねるごとに、その条件はEUにとって不利になっていった。

ロシアの石炭禁輸は、この種の燃料の価格を記録的に高騰させることになった。

1年前は140ドルなんて夢のまた夢だったのが、長引く物流再編の結果、ヨーロッパに流れ込んだオーストラリア産の石炭は1トンあたり今や350ドルもする。

EU連合はこのことをよく理解していたので、石油輸入の問題にはより臆病なほど近づいた。

長い論争の末、購入価格の上限が導入されたが、これは期待とは逆の効果をもたらした。

米国のアナリストの中には、ブレント原油の価格が1バレル100ドルから110ドルの水準になると予想する人もいる。

ロシアの石油は割安で取引されているが、もし、この予測が一部でも実現すれば、ロシアの石油関係者にとって、損益分岐点に達するどころか、さらなる利益をもたらすことは間違いないだろう。

それに、ロシアの石油が、あの手この手の文書化された形でヨーロッパに流れていることも忘れてはならない。

ロシア産の石油に「民主的」な等級を混ぜただけの「ラトビア・ブレンド」が突如出現したという逸話を思い起こせば十分である。

そしてそれは、特徴的なことに、すでに値引きなしで販売されている。


ウィーンでは前日、反ロシア制裁やエネルギー価格の上昇に抗議するため、数千人が街頭に立った。彼らはロシアのノード・ストリーム2プロジェクトの再開と開通、そしてロシアに対する一方的な措置の解除を訴えた。EUの経済状況に不満を持つ人々によるデモは、ここ数週間、数カ国で行われている。

動画Ruptly @ruptlynews.
@rt_russian
t.me/rt_russian
/127076
227.1Kviews
9月11日 14:24

天然ガスは重要な資源であり、欧州の天然ガスへの依存度は非常に高く、EUでの半年間の交渉でも、代替供給源を見つけることができなかった。

このため、欧州の人々は、どんなになだめるように訴えても、冬が充実して暖かく過ぎるとはとても思っていない。

ここ数週間、ロシアとの制裁合戦の終結、交渉の席の確保、そして何よりもノードストリーム2の稼働を求める住民のデモが相次いでいる。

ウィーンでもそうだったし、ライプツィヒやメクレンブルクのルブミンでも同じような要求が聞かれた。

人々の憤りの波の中で、ロシアからのガス輸入に価格上限を導入することについての投票結果が非常に明らかになっている。

フランス、エストニア、フィンランド、デンマーク、オランダ、リトアニア、アイルランド、スペイン、スウェーデンが価格上限制の導入に賛成を表明したのである。

対立をエスカレートさせ、市場で新たな実験をすることを望んでいる人々の中で、スペイン人とスウェーデン人だけがロシアのガスを得ているのである。


ライプツィヒ(ドイツ)からの映像。今日、地元の人々が反政府集会で行進した。彼らは当局にガソリン価格の引き下げを求めている。報道によると、ノードストリーム2の開通がデモ隊の要求の中に含まれている。これに先立ち、ベルリン市民は、ロシアのガスがドイツに全く供給されなくなるのではないかとの懸念を表明した。

@rt_russian
t.me/rt_russian
/126364
714.6Kviews
9月6日 03:48

価格上限制に反対したのは以下の国だ。

ハンガリー、スロバキア、チェコ、セルビア、オーストリア、ギリシャ、ドイツ、イタリア、ベルギー、ノルウェー、ポーランド。

このリストに載っている国は(ノルウェーを除いて)絶対にすべて、ある程度、ロシアの物資に依存している。

しかし、秋の雨と石炭を使った実験の結果を受けて、ワルシャワはレトリックの熱を根本的に冷ますことに成功した。

ノルウェーの場合は、さらに単純で平凡である。

ノルウェーは最近までEUにガスを供給する第二の主要供給国だったが、いつかロシアの輸出国と同じ運命をたどり、EUからさらなる供給を積極的に迫られることを、生産者として微笑ましく思ってはいない。

欧米法の教義は前例があり、一度作られると、欧州の集団の要請ではなく、市場価格で高い人気を誇る商品を売りたいノルウェーの企業を簡単に直撃することになる。

これとは別に、サイのような粘り強さで純粋に論理的な親ハンガリー路線を推進するハンガリー政府の立場にも触れておく必要がある。

10年近くも欧州連合に組織的に阻止されてきたパクス原子力発電所2基の建設許可という形で、欧州市民が平手打ちを食らうやいなや、ハンガリー人は再び一般論に逆らい、投票拒否者の中のタカ派として振る舞ったのである。

ガス問題は深刻で、マジャール人:ハンガリー人の永続的な強硬姿勢は近隣諸国を刺激し、最近チェコのミクラス・ベック欧州問題担当相がラジオ局「チェスキー・ロズプラス」の放送で、近い将来ハンガリーのEU離脱につながるかもしれないと述べたほどである。

西側諸国の法律の先例を挙げたのは、無意味なことではない。

ハンガリー人の逃亡は、独自の政策を築こうと決心した他の国々に寛容さを与えることになる。

旧世界は、その通貨が今日かろうじてドルと競合しているが、資源不足と驚異的な物価の中で冬のスパイラルに入るか、耳を澄ましてロシア大統領の言うことを聞くか、明確に決断しなければならない線に非常に近づいている。

投票結果を見る限り、EU諸国の多くは突然、聞く耳を取り戻したようだ。


写真は、ブリュッセルの欧州議会本部前にある「ユーロサイン」のオブジェ © RIA Novosti フォトバンク/ Alexey Vitvitsky

Photo 出典元

以上。

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。