Extra ニュース

ロシア・トゥデイ(RT) 「北朝鮮が世界最凶の兵器を開発するのをウクライナが支援した理由」

Photo 出典元 © AP / KCNA via KNS

ロシア時間7月1日 16:21 ロシア・トゥデイ(RT)
By マキシム・フヴァトコフ
Maxim Hvatkov
国際安全保障、中国政治、ソフトパワーなどを専門とするロシア人ジャーナリスト

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「北朝鮮が世界最凶の兵器を開発するのをウクライナが支援した理由」

金正恩のロケット開発、そのルーツはウクライナにあると専門家は指摘する。

日本語解説:WAU

北朝鮮の核ミサイル開発は、米国と世界の多くの国々にとって、依然として大きな頭痛の種である。

しかし、北朝鮮の核ミサイル開発は、ソ連の技術、特にソ連崩壊後にウクライナに残された核兵器へのアクセスなしには不可能であっただろう。

本稿では、北朝鮮が米国とアジアの同盟国にとって大きな脅威となるために、ウクライナが果たした役割について、意外なエピソードを掘り下げていく。

アメリカ、韓国、日本は多くの共通目標を持ち、その一つが朝鮮半島の完全な非核化である。

ジョー・バイデン米大統領は、マドリードで開催された2022年のNATO首脳会議で、この点を改めて明確にした。

一方、アジアにおける米国の同盟国は最近、新たな懸念材料を発見することになった。

6月14日、韓国のパク・ジン外相が、北朝鮮が新たな核実験の準備を完了したと発表したのである。

それに先立つ2022年3月、最高指導者の金正恩は、米国本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験について、自国に課した2018年のモラトリアムを事実上終了させた。

現在、韓国と米国の両政府は、新たな発射実験に関するニュースを注意深く見守っている。

事実上、世界から切り離された国が、どうやってこのレベルの技術を獲得しているのだろうか。

意外に思うかもしれないが、その答えはウクライナにある。

■共産主義の国からチュチェ思想の国へ

現在、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを設計・製造する際、ほぼ確実に言えることは、ウクライナのドニエプロペトロフスク市にあるユジマッシュ機械製造工場で生産されたRD-250ロケットエンジンを使用したということである。

ユジマッシュは、ウクライナで現在も稼働している多くの工業会社と同様、ソ連時代の遺産である。

1944年、第二次世界大戦の真っ只中に建設され、その後、冷戦時代には、アメリカに対抗するためにソ連の最新鋭ミサイルを設計・生産していた工場だ。

2014年のクーデター後、ウクライナはアメリカの衛星となり、同工場はその後米国と契約し、ロケットステージやそのエンジン、さらにそのロケットに使われるさまざまなハードウェアを生産する契約を結んだにもかかわらず、21世紀になって、米国は再びユジマッシュの製品に脅威を感じているのである。

2017年8月、ニューヨーク・タイムズ紙は、ロビー団体「国際戦略研究所(IISS)」のミサイル専門家であるマイケル・エレマン氏の見解を引き合いに、北朝鮮が独自の大陸間弾道ミサイルを設計するためにRD-250エンジンを使用した可能性が高いと報じた。

「これらのエンジンはウクライナから、おそらくは不法に持ち込まれたものだろう。問題は、ウクライナのエンジンがどれだけの数あるのか、そして、ウクライナの協力が得られるかどうかだが、非常に心配だ」

とエレマン氏は語ったと言う。

しかし、IISSの専門家は、ウクライナの公的機関がこの密輸作戦に関与していないと考えている。

ユジマッシュ社の設計局や、ドニエプロペトロフスクにある同様の企業ユジノエ設計事務所は、平壌やその核ミサイル計画との協力関係をきっぱりと否定した。

ウクライナのアレクサンドル・トゥルチノフ国家安全保障・防衛会議書記は、この告発はロシア情報機関による「反ウクライナ・キャンペーン」の一環であるとさえ示唆している。

彼は、ロシアによる北朝鮮への支援を隠すための手段だと主張したが、しかし、1718制裁委員会(北朝鮮)による2018年の報告書で、ウクライナ当局は、可能性として、北朝鮮の弾道ミサイルのエンジンはユジマッシュが生産するRD-250エンジンの部品を使って作られたことを認めた。

もちろん、それらはロシア領内を経由して納入されたに違いないとの見解を示した上だが。

国立研究大学高等経済学院(HSE)総合欧州・国際研究センター長のワシリー・カシン氏は、北朝鮮がユジマッシュから液体燃料エンジンを受け取ったという論争は、公式に記録されている唯一の事件として残っていると、RT紙に次のように語っている。

「ウクライナがエンジンを北朝鮮に送ったのではなく、ウクライナにいる北朝鮮の科学技術情報機関の働きによって実現したのです。どうやら、液体燃料ロケットエンジンは2014年以前から不法に入手されていたようだ」

同時に、キエフと平壌の関係は、ウクライナが北朝鮮に強力な核兵器を提供する意思があることを示唆するほど、友好的で心のこもったものでは決してなかったと言う。

しかし、21世紀に入ってからのウクライナの核ミサイル分野における他国との腐敗に基づく協力の証拠文書があり、まさにこの種の思惑を招く可能性がある。

1994年、ウクライナはソ連崩壊後に保持していた約1000発の核ミサイルのうち、最後の1発をついに廃棄した。

その半分をロシアに渡し、残りは米国が資金提供する軍縮計画の一環として廃棄する計画だった。

しかし2005年、ウクライナのヴィクトル・ユシチェンコ元大統領は、前政権が核弾頭を搭載できる巡航ミサイルX-55「複数の人物を通じて」イランと中国に売却したことを確認していると言う。

このミサイルの射程は2.5千キロで、この密輸詐欺は実質的にイスラエルと日本に対する核攻撃の脅威の増大を意味した。

■北朝鮮には別の狙いがあった

1990年代以降、ソ連の核ミサイル技術を手に入れようとした北朝鮮の工作員は何度も現行犯逮捕されている。

カシン氏は、平壌がかなり以前からウクライナで科学技術情報を収集していたと考えている。

「KGBの機密解除文書によると、北朝鮮のウクライナにおける科学技術情報収集活動はソ連時代にまでさかのぼる。例えば、キエフのアーセナル工場で働く工作員が、対戦車ミサイルの部品を盗んで捕まった刑事事件がある。

北朝鮮は1990年代から2000年代初頭にかけて、ドニエプロペトロフスクでソ連の軍事技術を手に入れる機会が十分にあり、彼らは常に嗅ぎ回っていたのである。

そして、もちろん、ウクライナ政府が意図的に技術を売っていたことを確認するものは何もありません。彼らはウクライナの欠陥ある防諜システムの隙を突いただけだということになっている」

とカシン氏は述べている。

軍事アナリストで元大佐のミハイル・コダレノク氏は、1990年代にソビエト連邦後のロシアとウクライナに君臨し、生活の多くの分野に影響を与えた混乱と無政府状態についてRT紙に想起させた。

「当時、ウクライナでは、非常に重要な技術の多くが国外に流出しました。中国やイランの戦略的巡航ミサイル兵器庫にウクライナの影響が見られるのは当然のことです。当然といえば当然なのだが、あの激動の時代、誰もが生き残るためにベストを尽くしていた。そして、多くのことは、確かに(ウクライナの)指導者の関与なしに行われたかもしれない。

しかし、私は北朝鮮が多くを盗むことができたとは思っていません。多くの場合、取引、相互の合意に基づいて行われたのだと思いたい。ただ、政府が関与していなかったというだけのことだ」

と、コダレノク氏は結論づける。


Photo 出典元© 朝鮮中央通信 / Korea News Service via AP

そして、ソ連崩壊から20年、北朝鮮による諜報活動は続いていた。

2012年12月12日、北朝鮮は光明星3号(KMS-3)衛星を地球の軌道に乗せ、世界の宇宙クラブに参加した10番目の国となり、この年、ウクライナで北朝鮮人によるスパイ事件が発生している。

ベラルーシ貿易公社に勤務する北朝鮮人2人が懲役8年の判決を受けたのだ。

彼らは、ウクライナのユジノエ設計事務所のスタッフから、重要な研究開発成果を含む技術文書や科学的な著作物を買おうとしたところを捕らえられた。

液体燃料エンジンシステムに関する研究論文1本につき1,000ドルという控えめな報酬を支払うと申し出たのである。

ある情報筋によると、韓国人は伝説の大陸間弾道ミサイル「R-36M(サタン)」のエンジンの設計に特に興味を示したという。

この種のミサイルの中で最も強力なものだ。

■飢えと爆弾

1991年にソ連が解体され、ベロヴェーシ合意が結ばれた後、多くのソ連人技術者が海外に流出した「頭脳出流」現象も、北朝鮮の技術者ハンターの手によるものと思われる問題である。

ソ連崩壊後のウクライナの脱工業化により、ウクライナの航空宇宙機器メーカー「ユジマッシュ」で働く数十人の専門家から安定した収入とキャリアの展望が奪われた。

そのため、彼らは生活のために他の方法を探さざるを得なかった。

選択肢は限られていた。

ソ連崩壊後の荒れた労働市場で運試しをするか(起業を試みるか、営業マンになるか)、愛国心や合法性の点では疑問が残るものの、他国の核ミサイル開発に協力するという魅力的な申し出に同意するか、であった。

ソ連崩壊後、彼らの多くは、個人的にも仕事上でも困難な状況に追い込まれた。

その中には、北朝鮮、イラン、パキスタンに渡った者もいるとさえ言われている。

元駐ウクライナ大使のカルロス・パスカール氏は、トップレベルの専門家が職を失うというこの現象の重要性が見落とされていたことを後に認めている。

彼らの個人的な混乱にとどまらず、大量破壊兵器の不拡散にとって重要なファクターだったのだ。

しかし、米国とEUは1990年代半ばに、いくつかのイニシアチブをとった。

大量破壊兵器の分野での専門知識や経験が漏れないようにするための政府間組織「ウクライナ科学技術センター」に資金を提供したのである。

専務理事のカーティス・ビェラジャック氏は、センターが基本的に特定の専門家に資金を提供していた時期があったことを認めている。

最終的には、ミサイルや核技術を専門とする旧ソ連の技術者や科学者に数百万ドルを費やした。

これで、危険な技術をもてあそぶ国への専門家の流入を食い止めることができたというのが、一般的な見方であるが、実際のところ「リーク」はあったのだろうか。

ミハイル・コダレノク氏によると、専門家のコミュニティーの中では、北朝鮮のミサイル開発を助けたのはユジマッシュの専門家の仕事だったという認識があると言う。

ユジマッシュの技術者を批判することはできない。

当時は誰もが生き延びようと必死だったのだ。

これらの重要な技術の専門知識がなければ、北朝鮮はこれほどの進歩を遂げることはできなかっただろう。

ソ連は戦後、ヴェルナー・フォン・ブラウン氏の研究を利用した。注:フォン・ブラウン氏はドイツの航空宇宙エンジニアでナチス党員、後に米国で活躍した)

■創造的な核兵器

西ヨーロッパやアメリカに比べ、韓国は今年、ウクライナ危機の間、キエフへの支援は非常に控えめで、主に精神的な支援と非致死的な軍事的支援を提供している。

この反応に驚いている人もいる。

なぜソウルはもっと頑張らないのだろうか。

もしかしたら韓国は、ウクライナが受け取った装備がいつか魔法のように38度線の北側で再び現れる可能性を懸念しているのだろうか?

韓国が全面的に協力しない本当の理由は、

「ロシアの家庭は皆、韓国製のものをいくつか持っており、その市場を失いたくないから」

だという。

しかし、今後、韓国政府はワシントンからの圧力で態度を変えるかもしれない、と専門家は警告する。

カシン氏は、韓国の控えめな反応と北の核問題との間に関連性を見出すが、その関連性は別のところにあるという。

「韓国は、ウクライナに手を貸せば、ロシアが対北朝鮮制裁に応じなくなることを知っている。ソウルは、ウクライナでの軍事作戦を北朝鮮が支援した(数少ない)ロシアとすべての橋渡しをすべきではないと理解しているのである。

そして、ロシアのすべての先進国との関係が悪化したため、モスクワは北朝鮮との提携で創造的になることを決意するかもしれない。

そして、誰もそれを望んでいない。特に韓国はそうだ。ちなみに、イスラエルも同じ考えに基づいている。

ロシアがイランに不快な兵器を提供することで反応するかもしれないので、ウクライナに致死的な装備を提供することを拒否している」

と述べている。

以上。

スポンサー広告
どこでもピタッと!大容量を超軽量で!【YMTREND 多機能モバイルバッテリー】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。