Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「2022年5月9日、赤の広場で行われた戦勝記念パレードでのプーチン大統領の演説内容」

写真は、2022年5月9日 モスクワの赤の広場で行われた1941年から1945年の大祖国戦争勝利77周年を記念する軍事パレードで演説するロシア軍最高司令官ウラジーミル・プーチン大統領 © RIA Novosti

Photo 出典元

ロシア時間5月9日10:31 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「2022年5月9日、赤の広場で行われた戦勝記念パレードでのプーチン大統領の演説内容」

日本語解説:WAU

モスクワ、5月9日 – ウラジーミル・プーチン大統領は、戦勝記念日にロシア人を祝福した。

大統領の赤の広場での演説は、大祖国戦争の英雄たちを思い起こし、NATOのウクライナでの行動を振り返り、ドンバスでの特別作戦の理由を説明した。

「親愛なるロシアの市民、親愛なる退役軍人、同志の兵士と水兵、軍曹と下士官、中尉と准尉、同志の将校、将軍と提督、大勝利記念日を祝って、お祝いを申し上げます。祖国の運命が決まっているときに祖国を守ることは、常に神聖なことです」

と国家元首は言い、1945年5月9日は世界の歴史に永遠に刻まれるものだと指摘した。

「1945年5月9日は、我が統一ソビエト国民の勝利、その団結と精神力、前線と後方での前代未聞の英雄的行為として、世界の歴史に永遠に刻まれる。戦勝記念日は、私たちにとって大切で身近なものです。 ロシアでは、大祖国戦争で焼け野原にならなかった家庭はありません。その記憶は決して薄れることはない」

大統領は、ウクライナでの特別作戦に参加した軍人たちを前に、同国の歴史における他の重要な戦いの参加者たちを想起した。

「このような真の愛国心をもって、ミーニンポジャールスキーの民兵は祖国のために立ち上がり、ボロジノに攻め込み、モスクワとレニングラード、キエフとミンスクスターリングラードクルスクセヴァストポリハリコフの近くで敵と戦ったのです。

<...>ここで、我が国の軍隊とドンバス民兵について述べます。あなた方は祖国のため、その未来のために戦っている。誰も第二次世界大戦の教訓を忘れないように、そして世界に処刑者や処罰者、ナチスの居場所がないように」

と述べた。

ロシアの指導者、プーチン大統領は、国際関係におけるあらゆる不一致にもかかわらず、モスクワは「常に平等で不可分の安全保障システムの構築を提唱し」、西側諸国に安全保障条約を提案したが、聞き入れてもらえなかったと述べた。

「NATO諸国は私たちの話を聞こうとしなかった。つまり、彼らは実際にはまったく別の計画を持っていて、公然とドンバスでの新たな懲罰的作戦、クリミアを含む我々の歴史的土地への侵攻の準備をしていた」

とプーチン大統領は述べ、キエフが核兵器を保有するかもしれないと発言し、それがロシアにとって受け入れがたいものであることを想起した。

「軍事インフラがどのように展開され、何百人もの外国人顧問が働き始め、NATO諸国から最新鋭の武器が定期的に届けられるのを目の当たりにしました。危険は日に日に増していた。ロシアは侵略に対して先制的に対応した。それは強制的で、時宜を得た、唯一の正しい判断であり、主権を持ち、強く、独立した国の判断であった」

と強調した。

北大西洋同盟NATOは、プーチンが指摘したように、「ロシアに隣接する地域の積極的な軍事開発を始めた」のである。

「このように、我が国にとって絶対に容認できない脅威が、我が国の国境で組織的に作り出されつつある。米国とその下辺の仲間が育てたネオナチ、バンデライトとの衝突は避けられないと、すべてが物語っている。ソ連が崩壊した後、アメリカは自国の例外性を語り始め、何も気づかないふりをして従順にすべてを飲み込まなければならない衛星国にも屈辱を与えた」

プーチン大統領は、ロシアはそれらとは違う性格の国だと指摘し、

「ロシア人は祖国への愛、彼らの信仰と祖先の伝統的価値観や習慣、すべての民族や文化への敬意を決して捨てないことです。そして西洋では、この千年来の価値観を捨ててしまったように見えるのです。このモラルの低下は、第二次世界大戦の歴史を冷笑的に改ざんし、ロシア恐怖症をあおり、裏切り者を美化し、犠牲者の記憶をあざけり、勝利を得た人々や苦しんだ人々の勇気を消し去る根拠となった」

と指摘した。

ロシアの指導者は、アメリカの退役軍人がモスクワでのパレードに来たがっていたが、米国当局が「事実上それを禁じた」ことを述べた。

「しかし、私は、我々があなた方の功績、共通の勝利への貢献を誇りに思っていることを知ってもらいたい。ロシアは連合軍のすべての兵士、アメリカ、イギリス、フランス、抵抗運動家、中国の勇敢な兵士とパルチザン、ナチズムと軍国主義を打ち破ったすべての人々」

に敬意を表していると付け加えた。

プーチン氏は、去る2月24日のロシア国民への演説で、大祖国戦争に関連する歴史のページを思い起こしている。

当時、1940年から1941年にかけて、ソ連は戦争の勃発を防ぐか少なくとも延期しようとし、

「文字通り最後まで潜在的侵略者を刺激しないよう努め、避けられない攻撃を跳ね返す準備として最も必要で明白な行動を実施しなかったか遅らせなかった」

がしかし、これが結局、「すでに破滅的に時間切れ」という行動につながったのであると言う。

ロシアの国家元首は、

「敵は阻止され、そして粉砕されたが、巨大な犠牲を払った。侵略者をなだめようとした間違いが、この国の国民に大きな犠牲を強いたのである。2度目はこのような過ちを犯さない、我々にはその権利がない」

と最後に強調した。

以上。

スポンサー広告
世界にたった一つのオリジナルウォッチ マイクリエーション

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。