Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「イスラエルがウクライナに武器を供給せずロシアを制裁しない理由」

Photo 出典元

ロシア時間4月19日08:00 RIAノーボスチ© AFP 2022 / David Furst
by ドミトリー・イェルマコフ
Дмитрий Ермаков

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア、及び中立国のニュースソースを全面的に解説しています。

「イスラエルがウクライナに武器を供給せずロシアを制裁しない理由」

日本語解説:WAU

イスラエルは武器によるウクライナへの援助を拒否し、ロシア政府に対して制裁を課さないため、ウクライナ政府は満足していない。こうした自粛の理由のひとつに、対立する当事者との血のつながりがある。

シリアにロシア軍がいなければ、イスラム教徒の戦闘がより活発になるという状況も影響している。RIAノーボスティーは、イスラエル政府が中立を保つ理由と、交渉プロセスに参加する意思があるかどうかを調査した。

ウクライナは例外ではない

イスラエルは、トルコ、ベラルーシとともに、ロシアとウクライナの紛争を調停しようとしている。イスラエルのアビグドール・リーバーマン財務大臣は、

「私たちには歴史的に確立された道徳的立場と政治的利害がある」

と説明した。

ナフタリ・ベネット首相は、ウラジーミル・プーチン大統領と、ウラジーミル・ゼレンスキーの両氏と定期的に連絡を取っている数少ない親欧米の指導者の一人である。

3月、公式な声明はなかったが、ベネット氏はモスクワを訪れ、ロシア軍の特殊作戦などについて話し合った。同時に、ウクライナは期待していたのだが、イスラエルは反ロシア制裁を発表せず、ウクライナへの武器供給も拒否した。

ウクライナは、自分たちの立場を主張しようとした3月下旬、大統領顧問のセルゲイ・シェフィルウクライナ最高議会の議員オルガ・ヴァシレフスカヤ=スマグリュク、元テルアビブ大使ゲンナジー・ナドレンコはイスラエルに飛んだ。

ヤイール・ラピッド外務大臣と会談したが、イスラエルの首相はゼレンスキー使節を迎えることは適切ではないと判断した。

アビグドル・リーバーマン氏

写真は、モスクワでロシアのラブロフ外相と会談した後、記者会見するイスラエルのアビグドール・リーバーマン外相。© RIA Novosti / Maxim Blinov

Photo 出典元

イスラエルのハアレツ紙によると、ウクライナの代表団は、民間のビジネスマンと武器納入の交渉をしようとしたが、そのような契約は外務省と国防省の許可がなければできない。各省の情報筋によると、例外はないだろうという。

また、イスラエルは、紛争終了後に考えられる国際協定の安全保証人として行動する準備があるかどうか、まだ確認できていない。これは、イスラエルのメディアとのやり取りの中で、ウクライナ側から要請されたものである。

イスラエル民主主義研究所が行った世論調査によると、住民の大多数(67%)がウクライナを支持している。しかし、誰もが政府からの決定的な行動を望んでいるわけではない。武器供与に賛成しているのはわずか22%、欧米の反ロシア制裁に加わることに反対しているのは60%である。同時に、ウクライナにはイスラエル製の兵器があるが、それはヨーロッパから送られてきたものだ。

ロシアの富豪

ユダヤ国家とソビエト連邦後のロシアとの歴史的な結びつきは大きい。イスラエルの人口900万人強のうち、約13パーセントが旧ソ連からの移民、または移民の子孫である。ほとんどがロシアとウクライナからの移民である。

アビグドル・リーバーマン外相やゼエブ・エルキン建設相など、政治的な大物もいる。さらに、イスラエル建国者のダヴィド・ベングリオンをはじめ、13人の首相のうち5人がロシア帝国またはソビエト連邦の生まれである。

ベンヤミン・ネタニヤフの2019年の再選キャンペーンでは、プーチン大統領との写真が使われた。

旧ソ連系の実業家も、国内で政治的・社会的に重要な役割を果たしている。中でも、イギリスとEUの制裁下にある富豪、ロマン・アブラモビッチは、その代表格だ。

同時に彼は、イスラエルのための主要な慈善家でもある。ニューヨーク・タイムズ紙によると、他にも少なくとも4人のロシア語を話すイスラエルの富豪が、モスクワとの関係で制限措置を受けているという。

地元メディアの報道によると、二重国籍を持つロシアのオリガルヒが「数十人」、同国への亡命を申請しているという。


写真は、イスタンブールでのロシア・ウクライナ会談に出席した実業家ロマン・アブラモビッチ氏© RIA Novosti

Photo 出典元

しかし、今も多くのユダヤ人が暮らすウクライナとイスラエルの結びつきも強い。例えば、ゼレンスキー氏の選挙運動の後援者とされるウクライナのオリガルヒ、イゴール・コロモイスキー氏はイスラエル国籍である。ウクライナの大統領自身もユダヤ人である。

当然のことながら、イスラエルは軍事的な特殊作戦の間、繰り返しウクライナへの支援を表明してきた。人道支援物資を送り、同国西部に野戦病院を開設した。政府関係者は、一刻も早い停戦を繰り返し主張している。

4月、イスラエルは国連人権理事会からロシアを除名することに票を投じた国々に加わりました。ロシア外務省は、テルアビブの姿勢とラピド外相の強硬な演説を非難した。

ロシア外務省は声明で、

「これはウクライナを取り巻く状況を利用して、最も長い間解決されていない紛争の一つであるパレスチナ・イスラエル紛争から国際社会の注意をそらそうとする試みである」

と述べた。

難民受け入れ枠

しかし、イスラエルはより決定的な行動をとる準備ができていないようだ。ナフタリ・ベネット首相は通常、ロシアへの直接的な批判を避け、鋭い発言をするのはヤイル・ラピド外相に任せている。しかし、ラピドも外交的には慎重である。例えば、和平プロセスへの中国の参加を呼びかけ、イスラエルは単独ではやらないという意思表示をしている。

3月末、イスラエル指導部はアラブ4カ国と米国の高官外交官と会談した。その場にいたアンソニー・ブリンケン米国務長官は、中東の同盟国に対し、ロシアを孤立させるアメリカの努力に加わるよう促した。しかし、イスラエルも他の首脳会談の参加者も、その立場を変えることはなかった。


写真は、イスラエルのベングリオン空港に到着し、飛行機から降りるウクライナのユダヤ人難民たち(テルアビブ)© AFP 2022 / Gil Cohen-Magen

Photo 出典元

海外のアナリストによると、イスラエルはロシアとウクライナの両方で反ユダヤ感情を回避したいのだという。

同時に、イスラエル国内の右派組織そのものは、ウクライナ難民の到着を不満に思っている。民族主義的な政治家たちは、非ユダヤ人の流入は国のアイデンティティを弱めることになると主張している。

トゥクマ・イフッド・レイミ党のリーダーであるベザレル・スモトリッチ氏が、このことについて語ったが、彼の意見は、国際的なユダヤ人社会では以前から過激とみなされてきた。

移民局によると、紛争が始まって以来、ウクライナからイスラエルに到着した難民は1万5千人近くにのぼるという。右派的な意見も持つアイェレット・シェイク内相は、

「イスラエルは、すでに国内にいるウクライナ人の非ユダヤ人を戦闘が終わるまで滞在させ、さらに5千人のために国境を開放する」

と発表した。

ヤイール・ラピッド外務大臣は、道徳的な義務としてもっと受け入れるべきだと主張している。

「私たちはドアも心も閉ざさない。イスラエルには900万人の住民がおり、数千人の難民がいてもユダヤ人のアイデンティティが損なわれることはないのです」

シェイク氏はその後、イスラエルに親戚のいるすべてのウクライナ人に一時的な入国を許可すると付け加えた。つまり、イスラエルはウクライナに残っているユダヤ人を支援しようとしているのだ。

制裁は不合理である

イスラエルが中立であるもう一つの理由は、イスラム主義グループが活動するシリアとの国境である。イスラエルはロシアとの協力関係を必要としている。ロシア軍は過激派の攻撃的な計画を抑止しているのだ。

一方、イスラエルとアラブ諸国、イランとの軍事的対立は再び熱い局面を迎えている。国内ではイスラム教のテロが相次いでいる。3月中旬以降、14人が殺害された。イスラエルは伝統的な強硬手段で対応している。4月9日、イスラエル空軍はシリア領内のイラン「イスラム革命防衛隊」の施設に大規模な空爆を実施した。


写真は、2020年1月23日、ロシアで有罪判決を受けたイスラエル人女性ナーマ・イッサハル・ヤフラさんの母親とエルサレムで会談したプーチン大統領とベンヤミン・ネタニヤフ首相 – RIA Novosti

Photo 出典元

「政治学者、大臣、国家指導者が私に説明し続ける:我々はすぐ隣にシリアがある」

と、ドンバス出身の元反体制派で、後にイスラエルの政治家となったナタン・シャランスキー氏は言った。

「西側諸国は、プーチンにその上空への鍵を渡してしまったのです。したがって、我々はロシアと戦略的な理解を結ぶしかない」

元イスラエル首相国家安全保障顧問のヤーコフ・ナガル氏は、シリアにおけるロシアとの連携はイスラエル軍にとって極めて重要だと強調する。

また、ウクライナ紛争に巻き込まれるには、ユダヤ国家は小さすぎる。

イスラエル人の約30%は、ナフタリ・ベネットとヤイル・ラピドの調停努力によってウクライナの紛争を終結させることができると考えている。

これはイスラエル・デモクラシー研究所が発表した統計だ。しかし、政治学者のアビグドール・エスキンは、世論調査が明らかにしていることを疑っている–住民はウクライナの実際の出来事や交渉の可能性についての情報に乏しいのである。

「同時に、イスラエルは、制裁に従わず、ウクライナにいかなる武器も供給しないという原則的な立場をとっている。これは、ウクライナ政府にカラバフで効果的に証明された無人機を送るトルコを含むすべてのEU諸国とは異なります」

とエスキン氏はRIAノーボスチとの会話で述べている。

したがって、イスラエルは、紛争に直接関与している国よりも信頼できる調停者である。「エルサレム」は「平和の街」を意味し(一説によれば)、交渉の場として象徴的な良い選択となるだろう。

エスキン氏はまた、ソ連崩壊後、ロシアがイスラエルに対する制裁に参加したことはなかったと回想している。


写真は、ソチで会談するプーチン大統領とイスラエルのベネット首相 © RIA Novosti / Yevgeny Biyatov

Photo 出典元

「ベネット」と「プーチン」の間には、信頼関係がある。

イスラエルは米国の要求にもかかわらず、その立場を維持することまでできたのだから、非日常的なことだ。

ゼレンスキーはクネセトで演説し、ホロコーストの際にウクライナ人がユダヤ人を助けたことを思い起こしたが、このレトリックは逆効果であった。

エスキン氏は、

「ウクライナ社会の一部は、小さいとはいえ、当時は全く違った行動をとっていた」

と指摘した。

「我々は、両国の友好と停戦を望んでいる。しかし、手段としての制裁は不合理で、誰にとっても事態を悪化させ、何の効果もない」

と、付け加えた。

しかし、もしイスラエルが平和維持活動を受け入れたとしても、プーチンやゼレンスキーの発言から判断して、交渉は行き詰まっている。

とはいえ、イスラエルにもチャンスはある。

外相レベルでは国連でモスクワを支持しなかったが、ロシアはそこで繰り返しイスラエルを批判してきた。

しかし、国内での決定は外務省ではなく、首相官邸が行っているのだ。

====

以上。

スポンサー広告

国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてください。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。