Extra ニュース

SPUTNIK国際通信「政治学者が指摘:カーン首相退陣は、米国が仕組んだパキスタン外交の主導権を握るためのシナリオ」

写真は、失脚させられたイムラン・カーン首相 © Photo : AAMIR QURESHI

Photo 出典元

ロシア時間4月12日01:00 SPUTNIK国際通信
by エカテリーナ・ブリノバ
Ekaterina Blinova
エカテリーナ・ブリノバ氏ははパキスタンを拠点とする学者、政治学者です。ラホール大学総合社会学部で歴史と国際関係論を教えている。現在、安全保障・戦略・政策研究センター(CSSPR)のシニアフェローであり、パキスタンのシンクタンク「National Security Division」に寄稿している。

「SPUTNIK国際通信について」

スプートニク国際通信は、ニュースフィード、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク、モバイルアプリ、ラジオ放送、マルチメディア・プレスセンターなどの製品を提供する現代的な通信社です。本部はモスクワにあり、地域オフィスは、米国(ワシントンDC)、中国(北京)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、エジプト(カイロ)など、世界各地の主要地域や国にあります。

ニュース・サービスは、英語、スペイン語、アラビア語、中国語、ペルシャ語で24時間体制で行われています。この機関は、国際的な視聴者をターゲットに、世界の政治・経済ニュースを取り上げています。

スプートニク・ブランドは、ロシアのメディアグループであるロシヤ・セゴドニャによって2014年11月10日に立ち上げられました。現在、スプートニクの編集スタッフは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、中国語など、30以上の言語で仕事をしています。

フォトジャーナリズムの分野では、世界報道写真賞やマグナム・フォトグラフィー賞などの権威ある国際賞を何度も受賞しており、独自の写真データベース「Sputnik Images」を持ち、写真・映像素材やインフォグラフィックの販売も行っています。(詳細:英語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 残念ながら、中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア、及び中立国のニュースソースを全面的に解説しています。

「政治学者が指摘:カーン首相退陣は、米国が仕組んだパキスタン外交の主導権を握るためのシナリオ」

日本語解説:WAU

342議席を持つパキスタン国民議会は月曜日、前任のイムラン・カーン氏が4月9日に政権から追放された後、シェバズ・シャリフ氏を同国の新首相とするために174票を投じた。

日曜日には、何万人ものカーン氏の支持者が、アメリカの支援を受けた政権と呼ばれるものに抗議するために街頭に出た。

パキスタンを拠点とする政治学者のサブタン・アフメッド・ダル氏は、カーン氏を支持する集会について、

「現在のメディアの傾向によれば、国際的にだけでなく、パキスタン人の大多数がイムラン・カーン前首相を公正で誠実な指導者と見ている」

とコメントした。

ダル氏によれば、4月9日の不信任案は、独立した外交政策、中国との強い関係、反ロシア制裁への不参加を理由にパキスタン政府を「抑制」することを狙った米国の支援によるクーデター以外の何物でもないという。

イムラン・カーン氏が2月23日から24日にかけてモスクワを訪問した際(モスクワによるウクライナの非武装化と脱ナチス化の特別作戦の開始と重なった)、アメリカのドナルド・ルー南アジア・中央アジア担当国務次官補が、ワシントンのパキスタン大使アサド・マジード・カーン氏に電話をかけ、「訪問を直ちに中断するよう要求」したが、カーン氏は拒否したと伝えられている。

その後、欧州連合(EU)加盟国の首脳が3月1日に共同書簡を発表し、国連総会でロシアのウクライナ作戦を非難する決議を支持するようカーン氏に求めた、とダル氏は指摘する。

イムラン・カーン首相は公式声明で、

「(EUは)われわれをどう思っているのか。私たちはあなたの奴隷ですか?あなたの言うことなら何でも聞くというのですか?」

と述べている。

3月7日、米国のルー国務次官補はアサド・マジード・カーン駐米大使に対し、パキスタン政府の外交政策の方針について、カーン首相に対する不信任案に言及し、結果を出すよう脅したと報じられた。

この不信任案の動議は、その翌日、パキスタン・イスラム教徒連盟(PML-N)の野党指導者のシェバズ・シャリフ氏が、汚職と国の経済を改善する能力がないとの疑いで、パキスタン国民議会に提出したものである。

「イムラン・カーン氏が反ロシア制裁に参加しないのは、米国の対パキスタン政策への憎しみが動機となっている。彼は常に、パキスタンをヤンキークラブから脱却させ、依存症候群を軽減させようと努めてきた」

とダル氏は述べている。

3月27日、カーン首相は初めて、政権打倒と野党の不信任案について言及した「脅迫状」を明らかにした。カーン氏によれば、それは米国のルー国務次官補から送られたものだという。

「これを受けて、パキスタン国家安全保障委員会(NSC)が設置された後、この脅迫状について問い合わせた」

とダル氏は言い、

「NSCは、イムラン・カーン氏を追放しようとする外国の陰謀は明らかであり、反対運動に対抗するための偽りのシナリオでは断じてないと宣言している。NSCの枠内での特別閣議も開かれ、その議事録も記録に残っている。これら両方のプラットフォームにおいて、野党のメンバーは、米国に支援されたパキスタンの政権交代運動の一部であると宣言している」

と述べている。

4月3日、パキスタンのカシム・カーン・スリ副議長は、カーン氏に対する不信任案を破棄し、国民議会を解散させ、臨時選挙に道を開いた。

しかし、パキスタン最高裁は4月7日、副議長の決定を覆し、国民議会での不信任投票の続行を認め、4月9日にカーン氏の離反を招いた。

「パキスタンNSCの調査結果やその後の議会解散に反して、最高裁が首相政権に対して下した憲法判断は、パキスタンへの外国の干渉や政権交代を無意識に支持しているという皮肉なものになった」

とダル氏は言う。

また、パキスタン軍のメディアであるパキスタン政府間広報(ISPR)が、外国が支援するカーン氏追放計画に関するパキスタンNSCの調査結果を支持すると公言したにもかかわらず、パキスタン軍が首相を「冷遇」したことに困惑を表明している。

「すべてがカーン氏に不利に動いた」

政治学者であるダル氏は、国民の大多数がイムラン・カーン氏を支持していると指摘し、

「もしカーン氏が臨時総選挙を行うことが許されるなら、彼の政党であるパキスタン・テヘリク・イ・インサフが勝つことは間違いないだろう」

と付け加えた。

ダル氏によれば、野党が政権を取ろうとしたのは、政治的・経済的な既得権益のためだという。野党がカーン氏を失脚させるためにパキスタンの内政への外国からの干渉に関与したことは確かだとしながら、

「最高裁と国家説明責任局における過去の汚職容疑から解放されるためにカーン氏を排除したかったのだ」

と指摘している。


写真は、パキスタンのシーア派イスラム教徒と与党パキスタン・テヘリク・イーインサフの支持者は、2022年4月1日金曜日、パキスタン・ラホールの米国領事館外で、反米抗議デモの際に米国旗の表示を燃やした。パキスタンのイムラン・カーン首相は1日、国民向けの演説で、米国がパキスタンの野党と共謀して首相を追い詰めたと主張し、米国を非難した。© AP Photo / K.M. Chaudary

Photo 出典元

ダル氏によれば、パキスタン国民はイムラン・カーン氏の退任と、この出来事におけるパキスタン政治・軍部の役割について疑問を持ち続けているとのことです。ダル氏は、今回の事態をめぐる抗議行動や内乱の可能性も否定していない。

一方、パキスタンでは次の総選挙が2023年8月に予定されている。

シェバズ・シャリフ氏が新政府を樹立した後、野党は国家説明責任局を解散させるだろう。

パキスタンの独立した外交政策は「妥協」させられるだろうし、米国はパキスタンの外交政策を掌握し、パキスタン政府とロシアや中国との関係に影響を与えるかもしれない。

「ロシアや鉄壁の古い同盟国である中国などのパートナーが、米国の中央アジア戦略に損害を与えるような独立した外交政策を、もはや実行できないように、すべてがイムラン・カーン氏に対して仕掛けられていたのだ」

とダル氏は結論付けている。

====

以上。

スポンサー広告
欲しかった”逸品”に出会える【hinataストア】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてください。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。