Extra ニュース

ロシアRTニュース「ジョージ・ソロス、ウクライナ紛争を『うっかり』ナチスの包囲網に例える」

Photo 出典元 © Getty Images / Laszlo Balogh

ロシア時間2月28日 03:38ロシアRT

「ロシアRTは、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。

2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています」

日本語解説:WAU

「ジョージ・ソロス、ウクライナ紛争を『うっかり』ナチスの包囲網に例える」

ネオコンの大富豪は、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦を1944年のブダペスト包囲になぞらえた

ロシアRTによると、大富豪の投資家で自称「慈善家」のジョージ・ソロスは、自身のブログの中で、現在のウクライナ紛争を1944年のソ連軍によるナチス政権下のブダペスト包囲戦と比較し、「うっかり」ナチスと現代のウクライナ軍の間に類似点を引き出してしまったようです。

土曜日に自身のウェブサイトに掲載された投稿で、ソロスは、ウクライナにおけるロシアの軍事行動と、当時ナチス政権下の都市であったブダペストのソ連軍による包囲との間に明らかな類似点を見出す前に、

「彼らが我々と共に立ち上がるように、ウクライナと共に立つ」

よう世界に呼びかけています。

「勇敢なウクライナ人は今、前線に立ち、1944年のブダペスト包囲戦と1993年のサラエボ包囲戦を思い出させる猛攻に命をかけている」

とソロスは指摘しました。

このメッセージはソロスのツイッターアカウントにも掲載されましたが、一部のユーザーから不気味な類似性を指摘され、後に削除されています。

このブログ記事は、月曜日の朝の時点ではまだソロスのサイトでアクセス可能です。

オープン・ソサエティー財団の創設者ソロスは、ロシアのプーチン大統領が、

「かつてソビエト連邦にあったすべての国、そしてそれ以上の国の主権に対する直接攻撃」

を命じていると非難し、

「大西洋横断同盟(米国、カナダ、欧州連合、英国)とその他の国が、存亡の危機にあるウクライナを全力で支援することが重要である」

と書いています。

1944年のブダペスト包囲戦では、当時ナチス軍に占領されていたハンガリーの都市がソ連軍に囲まれ、数ヶ月に及ぶ過酷な家対家の戦いが繰り広げられました。

当時14歳だったユダヤ系のソロスは、後に、

「ナチスの占領下を生き延びることができたのは、家族が何とかしてキリスト教の身分証明書を手に入れることができたからだ」

と主張しています。

ドンバス「特別軍事作戦」を命じたロシアのプーチン大統領は、同国におけるロシアの使命を「脱ナチス」と「非軍事化」のひとつと表現しました。

ウクライナ軍にはアゾフ大隊のような極右の「志願兵」が含まれていると西側メディアも含めて広く報道されており、彼らはナチスのレガリアを身に着けているのが複数回目撃されています。

ドンバス地区で撮影されたアゾフ大隊、

Photo 出典元

フェイスブックは、2019年、ウクライナ国家警備隊に組み込まれている極右準軍事部隊を称賛することを禁止していましたが、先週、これを撤回しました。

しかし、ソーシャルメディア大手は、同大隊がFacebookに投稿したり、勧誘したりすることは依然として禁止されると説明しています。

クレムリンキエフがドンバスの住民に対して大量虐殺を行ったと非難していますが、キエフはその主張に対し、ロシアが軍事攻撃を開始するための誤った口実としてそれを利用したと主張しています。

ウクライナは日曜日に国際司法裁判所に提訴した際、ロシアがウクライナ人に対して「大量虐殺行為を計画」していると非難しましたが、この戦争犯罪の具体的な証拠を示すには至っていません。

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が話題になっていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの
に限られていると言ってよいでしょう。しかし、どのような事も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。今回のニュースでは、あのジョージ・ソロス氏が口を滑らした事で、欧米の意見だけを一方的に鵜呑みにするのは危険な匂いがします。

以上。

スポンサー広告
国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。