AP通信

AP 10月6日「Facebookの内部告発者が証言した5つの問題点」

写真は、米国時間2021年10月5日(火)、ワシントンのキャピトル・ヒルで開催された上院商務・科学・運輸小委員会の消費者保護・製品安全・データセキュリティに関する公聴会で、フェイスブックの元データサイエンティスト、フランシス・ハウゲンが発言する様子を質問するエド・マーキー上院議員(民主党)。(Matt McClain/The Washington Post via AP, Pool)

Photo 出典元

米国時間10月5日AP
by バーバラ・オルトゥータイ & デビッド・クレパー

日本語解説:WAU

Facebookの内部告発者が証言した5つの問題点

Facebook whistleblower testifies: Five highlights

記事によると、フェイスブックの元従業員が、火曜日に連邦議会議員に対して、同社は自社のプラットフォームが、子どもを傷つけるコンテンツや誤った情報を広めていることを知っているが、利益を損なう可能性のある変更を行うことを拒否していると述べました。

フェイスブックの元データサイエンティストであるフランシス・ハウゲン氏は、上院の消費者保護小委員会で、フェイスブックが自社のプラットフォームを改善するためには、新たな規制が必要であると議員たちに語りました。

しかし彼女は、会社の解体を要求するには至らず、それでは既存の問題を解決することはできず、かえってFacebookを「フランケンシュタイン」のようにしてしまい、世界中に害を与え続ける一方で、別会社のInstagramがほとんどの広告費を巻き上げてしまうだろうと述べました。

フランシス・ハウゲン氏

Photo 出典元

法律によるソーシャルメディアに対する新たな規制を設ける試みはこれまでにも失敗してきましたが、上院議員たちは火曜日、Facebookに関する新たな事実が明らかになったことで、何もしないでいる時間は終わったと述べました。

火曜日に行われた公聴会の主な内容は以下の通りです

1)フェイスブックは、弱い立場の人々に害を与えていることを知っていること

ホーゲン氏は、フェイスブックは、インスタグラムの影響で自分の体に嫌悪感を抱きやすい子どもたちや、未亡人や離婚のこと、新しい街への引っ越し孤立を経験した後に誤った情報にさらされやすい大人など、弱い立場の人々がフェイスブックのシステムによって被害を受けていることを知っていると述べました。

このプラットフォームは、ネガティブな感情を利用して人々を引き留めるように設計されていると証言しました。

ハウゲン氏は、「彼らは、選択がもたらす副作用を認識しています。アルゴリズムベースのランキング、つまり誓約ベースのランキングによって、サイトに長く滞在してもらえることを知っています。セッションが長くなり、より頻繁に表示されるようになり、それによって彼らはより多くのお金を得ることができるのです」と述べています。

2021年10月5日(火)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた上院商務・科学・運輸委員会の公聴会で、休憩から戻った元フェイスブック社員で内部告発者のフランシス・ハウゲン氏。(Drew Angerer/Pool via AP)

Photo 出典元

2)内部告発者の神経を逆なでしてけん制するFacebook

公聴会では、同委員会の共和党委員長であるテネシー州選出のマーシャ・ブラックバーン上院議員が、フェイスブックの広報担当者であるアンディ・ストーン氏からメールを受け取ったばかりだと述べ、ハウゲン氏は子どもの安全性やインスタグラムに関わるこのテーマに関する直接的な知識を得ていないと指摘し、彼女の限られた役割と比較的短い在職期間が強調され、専門知識と信頼性が事実上疑問視されるようにしました。

バンダービルト大学のテクノロジー法と言論の自由の専門家であるゴータム・ハンス氏は、「フェイスブックの戦術は、これらすべての問題に対して、彼女を攻撃する上で良い答えを持っていないことを示しています」と述べています。

3)小さな変化が大きな変化をもたらす

誤った情報や有害なコンテンツの拡散を減らすためには、ソーシャルメディアを全面的に改革する必要はない、とハウゲン氏は言います。

「最も簡単な変更点のひとつは、人々が見たいと思うものを、良いものであれ悪いものであれ、どれだけ誓約が得られるかに基づいてコンピュータに予測させるのではなく、投稿を時系列で整理することです」

もうひとつは、ユーザーがコンテンツを簡単に共有できるようにする前に、もうひとつクリックを加えることでした。

「私が話している多くの変更は、Facebookを利益の出ない会社にするものではなく、現在のように異常なほど利益の出る会社にならないだけです」と彼女は言います。

ハウゲン氏は、「フェイスブックは自社の成長を妨げる可能性があるならば、自らそのような変更を行うことはないだろう」と述べています。しかし、「フェイスブック自身の調査によると、人々はより有害なコンテンツにさらされるとプラットフォームの利用が減るという結果が出ている」と指摘しています。

「5年後には、より親切で、よりフレンドリーで、より協力的なFacebookが、実際にはより多くのユーザーを獲得している可能性があり、それがすべての人の利益になる」とハウゲン氏は言います。

2021年10月5日(火)上院商務・科学・運輸委員会の公聴会で証言する元フェイスブック社員で内部告発者のフランシス・ハウゲン氏。(Drew Angerer/Pool via AP)

Photo 出典元

4)会社の内部を覗く

ハウゲン氏は、フェイスブックの企業環境があまりにも機械的で指標に追われているため、成長や利益を損なう可能性のある既知の問題にブレーキをかけるのが難しいと述べています。

フェイスブックの有名な「フラット」な組織哲学について、管理職のレベルが低く、カリフォルニア本社のオープンフロアの職場では、ほぼすべてのスタッフが1つの巨大な部屋に詰め込まれているため、悪いアイデアのプラグを抜くために必要なリーダーシップが妨げられていると述べました。

彼女は、同社が破壊的なプラットフォームを作ろうとしたわけではないとしながらも、CEOのマーク・ザッカーバーグが50%以上の議決権を持っているために巨大な力を持っていること、そして測定値に判断を委ねていること自体が彼の決断であることを指摘しました。

「結局、全ての責任はマークにあるのです」と述べています。

5)超党派の怒りの声

委員会の民主党員と共和党員は、火曜日の公聴会で、フェイスブックがユーザーをターゲットにしてコンテンツを増幅する方法を変える、新しい規制の必要性を示されたと述べました。このような取り組みはワシントンでは長い間失敗してきましたが、何人かの上院議員は、ハウゲン氏の証言が変化のきっかけになるかもしれないと述べています。

議長を務めるリチャード・ブルーメンタール上院議員(民主党)は、「私たちの意見の相違は非常に小さいものであり、今回の証言を前にするとより小さいもののように思えます」と述べました。

ミネソタ州の民主党上院議員エイミー・クロブチャー氏は、フェイスブックをはじめとするハイテク企業が首都で大きな力を持っていることを認め、その力が過去に改革を阻んできたことを指摘しました。

「フェイスブックをはじめとするハイテク企業は、この街に大金を投じているために、人々は彼らに耳を傾けているのです」

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です