Extra ニュース

NY POST「米国務省がアフガンでの子供の殺害を認め、FDAがワクチン・ブースターを拒否し、フランスが出ていくので、バイデンはビーチに逃げました!」

写真はデラウェア州のドーバー空軍基地に到着したジョー・バイデン大統領(2021年9月17日撮影)AFP via Getty Images

Photo 出典元

米国時間9月17日7:04pmNY POST
by スティーブン・ネルソン
Steven Nelson
New York Postレポーター

Photo 出典元

日本語解説:WAU

米国務省がアフガンでの子供の殺害を認め、FDAがワクチン・ブースターを拒否し、フランスが出ていくので、バイデンはビーチに逃げました!

記事によると、バイデン大統領は、金曜日の正午前にホワイトハウスを出て、ビーチハウスでの長い週末を過ごしに出発しました。何故なら、FDAがCOVID-19ワクチンの「ブースター」注射計画を拒否し、国防総省がアフガニスタンの民間人を殺害したことを認め、フランスが大使を召還したので、バイデン大統領は姿を消したと伝えています。

これら3つの政治的な大失敗について、バイデンは、デラウェアのレホボス・ビーチにある豪邸までの2時間弱の移動中も、到着後も、記者たちと話すことはなかったと言います。

ペンタゴンは、カブールからの最終避難便の前日、8月29日にアメリカの援助業者と7人の子供を含む10人の罪のない民間人を誤って殺害したことを認めたが、これは当初主張していた「イスラム国」のテロリストによる犯行ではなかったので、バイデン政権の混沌としたアフガニスタン撤退に永遠の汚点を残すことになりました。

同じ頃、食品医薬品局(FDA)の委員会は、ファイザー社のコロナ・ワクチン(2回接種)の「ブースター」注射の承認申請を16対2で却下し、バイデン政権が何ヶ月もかけて計画していたことを覆しました。

しかし、先月の食品医薬品局(FDA)委員会で、免疫力の低下した高齢者への3回目の接種が承認されていたので、今回の委員会でも、高齢者への3回目の接種も承認されました。しかし、バイデン政権は、連邦政府の職員と100人規模の企業の従業員にワクチン接種を義務づけ、さもなくば職を奪おうとしていたため、このような賛否両論の判決は、政権のメッセージを複雑にしています。

CDCのデータによると、米国の成人の76%以上が少なくとも1回のワクチン接種を受けていますが、感染力の強いデルタ型のウイルスにより、米国での新規感染者数と死亡者数が急増しました。現在、新規感染率は、ワクチン接種を受けた人が少なかった1月下旬とほぼ同じレートですが、1日の死亡者数は少なくなっています。

さらに、バイデン政権の金曜日の諸々の惨状に拍車をかけたのが、フランスが大使を引き揚げたことです。バイデン政権は、英国とオーストラリアとの間で締結された「AUKUS」と呼ばれる新しい安全保障条約を強引に展開し、オーストラリアが中国に対抗するための原子力潜水艦の建造を支援することに抗議したのです。

フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外相は、米国とオーストラリアの大使を「協議のために」召還したと述べました。Jens Schlueter/Pool Photo via AP, file

Photo 出典元

アメリカ最古の同盟国であり、原子力エネルギーのパイオニアでもあるフランスは、太平洋とインド洋に大きな領土を持っており、AUKUS協定の結果、オーストラリア向けの通常型潜水艦の製造契約を失いました。

皮肉なことに、今回のAUKUS協定は、バイデン氏が先日のアフガニスタン部隊撤退の際にスコット・モリソン首相を冷遇したことから、米国と同じく長年の同盟国であるオーストラリアとの関係を強化することを目的としたものでした。オーストラリアはニュース報道で米国の撤退日を知り、先月のカブールからの必死の避難の間、バイデンはモリソンに電話をしませんでした。

2021年8月29日、アフガニスタンのカブールで、米国のドローン攻撃の後、家の損傷を検査するアフガニスタン人。Khwaja Tawfiq Sediqi, File/AP

Photo 出典元

バイデン氏は、1月20日に就任して以来、デラウェア州の自宅に21回出張しています。そのほとんどがウィルミントンへの出張で、レホボトへの出張は今回で2回目となります。

支持率が低迷する中、バイデン氏の政策への打撃は大きい。

木曜日に発表されたロイター/イプソスの世論調査では、不支持が50%、支持が46%となっており、初期の「ハネムーン」期間が終わったことを示しています。Rasmussen社の世論調査では、不支持率が55%とさらに高く、バイデン氏の業績を支持する人は43%にとどまっています。

ジョー・バイデン大統領がマリーン・ワンで到着する際、ビーチで見張りをするデラウェア州警察官。AFP via Getty Images

Photo 出典元

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です