Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「米国がロシアを破壊する計画を発表」

写真は、モスクワのキエフスキー駅の時計塔に描かれた鷲 © © RIA Novosti / Ramil Sitdikov

Photo 出典元

日本時間9月16日14:06 RIAノーボスチ
by ビクトリア・ニキフォロワ
Victoria Nikiforova
ロシアの劇作家、ジャーナリスト、脚本家

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「米国がロシアを破壊する計画を発表」

日本語:WAU

これは、ワシントンがロシアの全主要都市に核爆弾を投下するという「ドロップショット」ではない。

この計画には、もっと繊細な技術が使われています。

非政府組織、独立したジャーナリズム、経済制裁、外交ルート、国際組織からの圧力、要するに、アメリカの行政資源をあらゆる形で利用したのである。

しかし、その応用は「ドロップショット」と同じ結果、ロシアの滅亡につながる。

失敗した国家:ロシアの崩壊へのガイド」は、東欧の著名な専門家であり、ワシントンのジェームズタウン財団の学者、放送作家、米国国務省や米国国防省のコンサルタント等々を務めるヤヌシュ・ブジャスキー氏の新著のタイトルである。

ブジャスキーの両親はポーランド人である。

いつ母国を離れたかは定かではないが、1950年代初めにはすでにイギリスに住んでおり、ヤヌシュはそこで生まれた。

英国で教育を受け、BBC英国放送協会に勤務した後、32歳の時に渡米した。

友人たちは彼を「ニュー・ブレジンスキー」と呼ぶ。

「ロシアの崩壊へのガイド」は、ワシントンの悲願である「世界の終わり」ではなく、そのハリウッド的ハッピーエンドの具現化である。

ブジャスキーのシナリオでは、ロシアの中央政府が問題の山積で崩壊し、国が廃墟と化すという壮大な展開になる。

ある章では、モスクワはすべての権限を地方に譲り、ロシアは「実質的な連邦」となる。

ロシア政府が名目上の支配を行い、地方が自由に統治する。

またある章では、全般的に地域が独立を宣言し、「新しい領土主体」が生まれ、それが沸騰して自分たちの領土間で争い、すべては美化されることによって、隣接する国が積極的に紛争に介入してくるというものだ。

しかし、何がきっかけでそのような展開になるのでしょうか。

ブジャスキーは、ロシア崩壊の引き金はウクライナ紛争であると書いている。

しかし、このアイデアは、作者がぎりぎりのところで描いたという印象がある。

実は、本は書くのに時間がかかり、その後、著者が編集者と仕事をし、校正、プルーフ、印刷と、長い時間がかかるものなのです。

ブジャスキーは、7月からこの本のPRを始めた。

ヤヌシュ・ブジャスキー氏

Photo 出典元

この時、ロシアによるウクライナへの特別軍事作戦が始まった日から4カ月余りが経過していた。

米国営放送局のボイス・オブ・アメリカのインタビューで、著者は特別作戦が始まるずっと前から「ロシアの崩壊へのガイド」を書いていたことを認めている。

このように見ると、彼の予言はすべて、ロシアを崩壊させるためにロシアを弱体化させるというアメリカの行動計画のように見える。

これは、国境沿いの紛争を煽ることと完全に一致する。

ウクライナは、この点では出発点に過ぎないのだ。

また、「地獄の制裁」パッケージもすべて事前に用意されている。

ロシア国内の人々の状況を悪化させ、地域の分離主義を助長するようなものである。

しかし、これだけでは十分ではありません。

ブジャスキーは、

「アメリカ政府は、やるべきことをすべてやっているわけではない」

と憂慮する。

彼の率直な意見に感謝しつつ、本書は米政権の今後の動きをよくまとめている。

まず、人権活動家と「独立ジャーナリスト」の餌食となる大群が、国家問題を煽り始め、ロシアの「脱植民地化」をかき消すだろう。

第二に、米政府は「地獄の制裁」の遅効性に期待して、「ロシア政府に餌をやるのは止めろ」という古いスローガンの埃を振り払って、経済問題や地域の不均一な発展について憶測を巡らすつもりである。

第三に、米政府は、政権にとって関心のある地域と直接的なつながりを築こうとする。

「バイデン政権は、この意味で十分な働きをしていない。崩壊するロシアから生まれる新しい主体との関係を確立する準備をしなければならない」

と、新生ブレジンスキーは言う。

著者は、北コーカサスヴォルガ地方を将来の激戦区と見なしている。

ハバロフスクサハリンなど「豊かなテリトリー」を面白い地域と思っている。

日本や韓国に浸食させる計画もある。

しかし、その時、まるで陶器店の中の象のように、中国についての存在感に疑問が湧くのです。

ロシアの都市や地域がばらばらに散らばるというファンタジックなシナリオなら、中国はどうだろう。

どのくらい影響するのでしょうか?

ここでは、デルフィの神託にふさわしい曖昧さで、この本は米政権に「地政学の革命的変化」への備えを提言している。

本書の出版は非常にタイムリーである。

ウクライナに武器を積んでロシアと戦わせることは、アメリカの壮大な計画の実行の一段階に過ぎなかったことがわかるからである。

彼らはウクライナから始め、(ゼレンスキーを通じて)モスクワを核兵器で脅す危険さえ冒した。

彼らは、グルジアモルドバを自分たちの計画に巻き込み、ナゴルノ・カラバフに火をつけ続けるだろう。

それと並行して、経済のネジも締めていく。

ここ数年、アメリカの影響力の道具となっているスポーツ、文化、健康などの分野の国際組織をフルに活用している。

攻撃的な技術だけでなく、一見無邪気に見える世界の潮流も利用する。

例えば、いわゆるグローカリゼーションという流行があります。

それは、ある領土が世界レベルに達することを意味します。

中庭のベンチや美しいグラフィティ、民芸品などをイメージする人がまだ多いようです。

スタイリッシュな都市化、それ以上のものはない。

しかし、「グローカリゼーション」は、領土を国民国家の手から引き離す便利なツールになり得るのです。

そして、世界レベルとは、アメリカの政権に直接従属することです。

スタイリッシュなベンチが外部の管理者に引き継がれる瞬間にも、誰も気づかない。

そして、それとともに、素敵な工場や畑も。

新たな情報戦が始まるだろう。

それは、犯罪史のエピソードや、民族間の対立を丹念に描いたものだけではないだろう。

また、ジェンダーの問題やマイノリティーの権利、そして避けられない「腐敗」や生活水準の問題なども出てくるでしょう。

これらのことは、あらゆるテレビから市民の脳を直撃し、その多くは、まさに国の国土に存在することになる。

市民は当然、憤慨するだろう。

国家は、これらの問題、存在するもの、しないものに反応し、いじくり回し、速度を落とし、遅れをとることになるのです。

しかし、私たちの本当の問題とは、まったく違うものです。

本当の問題は、貿易、金融、精神面など、西側への依存が主であることに変わりはないのです。

しかし、ここでひとつ簡単なことを理解しておかなければなりません。

私たちの国のすべての問題をまったく解決することができる、地上の楽園を作ることができるのです。

しかし、その間も情報戦が止まらない。

相手のプロパガンダは、とっくにポストモダンのベルトコンベアー式フェイクになっている。

私たちがここで淡々と彼らをあぶり出し、問題提起を考え、そして解決して報告している間にも、アングロサクソンのパートナーたちは誹謗中傷し、挑発し、煽り、それを何度も繰り返す時間があるのです。

これは情報戦であり、個人的なものではないことを理解し、騙されないように賢くなる必要があります。

「脱植民地化」&「決別」

これらすべてのシナリオにどう対応するか。

手始めに、敵の目標を意識することです。

弱さを見せれば、大群は怒涛のように押し寄せてくる。

彼らは国をズタズタにするでしょう。

なので、自分たちが選んだ方向に進み続けましょう。

多極化した世界を構築する。

経済、政治、文化を東と西に分ける。

私たちが成功すればするほど、欧米のグローカリストたちから悲鳴が上がるという事実を知ることです。

私たちはそれを理解することができます。

それが彼らを傷つける。

彼らは力を失いつつある。

そして最後に、自分を追い込まないことです。

内紛は、小さな西洋の友人への贈り物に過ぎないことを自覚すること。

先日、ハリコフ方面でのロシアの行動に対して、SNS上で起きた議論を紹介します。

1,000kmに及ぶ前線のほんの一部分の話です。

しかし、誰もが緊張している。

都市に残っている人々は、次に何が起こるかわからないと心配している。

それは当然のことです。

問題は、このようなネット上の論争が、世界情勢、時事問題、国内外の政策に焦点をあてている、アメリカ合衆国のニュース誌『フォーリン・ポリシー』の紙面を賑わすことがほとんどないことです。

そして、発信者のアレクセイ・コバレフは、ロシアの「新しい抗議運動」について表現するのを、なんと喜んでいることだろう。

敵が、

「クレムリンに怒っている」

「プーチンに反対している」

超愛国者たちについての物語をでっち上げる機会となるのは、なんと早いことだろう。

欧米は通常の議論をしなくなり、命令されれば厳しく口を開くことに慣れてしまったので、ソーシャルネットワーク上で政治的なトピックについて普通に議論することは前代未聞のことのように思えるのです。

革命が起きようとしている。

実際、80年代の終わりには、「国家問題」、「脱植民地化」、「腐敗」について、すべてを経験したのです。

当時、市民は大規模な 精神的攻撃に耐えられず、「これでは生きていけない」と思い込んでしまったのです。

その結果、「20世紀最大の地政学的大惨事」であるソビエト連邦が崩壊したことは、よく知られている。

貧困、後進国、破滅の10年。

先進国から大きく遅れをとっており、その克服は不可能と思われた。

もう二度と同じ間違いは起こらない、

期待しないほうが良い。

以上。



WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。