Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「大統領の運命 ミハイル・ゴルバチョフが死去」

写真は、「第28回大会に向けた中共中央委員会の政治報告と党の課題」について報告を行うソ連共産党中央委員会書記長兼大統領ミハイル・ゴルバチョフ氏。クレムリン会議場(現・国立クレムリン宮殿)© RIA Novosti フォトバンク/ Sergei Gouneev.

Photo 出典元

日本時間8月31日08:07 RIAノーボスチ
by イリーナ・アルクスニス
Irina Alksnis

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「大統領の運命 ミハイル・ゴルバチョフが死去」

日本語:WAU

ソビエト連邦の初代大統領であり、最後の指導者であったミハイル・ゴルバチョフが92歳で亡くなった。

2022年に、ソ連崩壊に直接関わった政治家の死がいくつかあるのは、超自然的な象徴性がある。

今年は、ウクライナ(レオニード・クラフチュク)、ベラルーシ(スタニスラフ・シュシュケビッチ)、ロシア(ゲンナジー・ブルブリ)のベロヴェシュ協定の署名者が亡くなった。

ベロヴェシュ協定とは

ロシア語:Беловежские соглашения 英語:Belovezh Accords

ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が事実上消滅し、英連邦が設立されたことを宣言する協定である。後継組織として独立国家共同体(CIS)をその代わりに設立する合意を形成したものである。この文書は1991年12月8日、ベロヴェシュスカヤ・プシュチャ(ベラルーシ)のヴィスクリ近くの国営ダーチャで、1922年のソ連邦創設条約を締結した4共和国のうち3共和国の指導者たちによって署名された。

ロシアのエリツィン大統領とロシア連邦のゲンナジー・ブルブリス第一副首相。ウクライナ大統領レオニード・クラフチュク、ウクライナ首相ヴィトルド・フォーキンベラルーシ議会議長スタニスラフ・シュシュケビッチとベラルーシ首相ヴャチェスラフ・ケビッチが旧ソ連邦の全共和国(バルトを除く)のロシアからの独立を法的に確立し、参加国が協定の規定を遵守することと引き換えに、国家主権の尊重をモスクワに要求した建国文書である。詳細

そして今、最後のソ連邦指導者がこのリストに加わった。

ロシアには、「地獄への道は善意で敷き詰められている」ということわざがある。

一国の指導者の善意が、一国を地獄に突き落とすというのは、ゴルバチョフがその例であろう。

若く、精力的で、変化に敏感で、それを積極的に追求する事務総長は、停滞期の停滞と老齢化に疲れたソ連社会のアイドルとなった。

しかし、それも長くは続かなかった。

数年後、ゴルバチョフは、同胞市民の大部分から激しい憎悪の対象となり(そしてそれは生涯続いた)、彼らは自分たちが経験したことの第一の責任を彼に負わせるようになった。

破滅した国、1990年代の悪夢、内戦、民族浄化、テロ、ギャングの抗争で破壊された何百万人もの命、生まれてもいない何百万人もの命に対する責任である。

ミハイル・ゴルバチョフの歴史的な運命は、すべての政治家にとって教訓となる。

どんなに良いことを心から望んで、どんなに高い理想を導いたとしても、それは関係ない。

最終的には、あなたの決断と行動の実際の結果のみが考慮されるのだ。

ソビエト連邦の崩壊は、国家的な大惨事であり、その結果にロシア人はもう40年も対処しているのである。

ある時点では、最悪の事態は脱したと思われた。

しかし、ウクライナがナチスの拠点と化したことは、30年以上前に動き出した地獄の歯車がまだ動いていることを示している。

ロシアはこれを阻止しなければならないし、阻止する義務がある。

そして阻止するだろう。

問題は、いつものように、そのために支払うべき代償である。

政治における主な代償は、血であり、人々の悲しみであり、人の命である。

ゴルバチョフ氏は長寿の人であったから、この国を襲った試練も、数え切れないほどの試練や悲劇を克服したことも知っている。

唯一のソ連大統領である彼が、自分自身で何か結論を出したかどうかは、推測するしかない。

しかし、それはそれほど重要なことではない。

重要なのは、ロシア人自身が経験の教訓を学んだということだ。

以上。

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。