Extra ニュース

「取り返しのつかない結末:ヨーロッパに迫る新たな脅威」

写真は、ワルシャワで抗議する農民のトラクター。ポーランドの農民は肥料や燃料の高騰、農業の全体的な状況に対して政府に抗議している。© RIA Novosti Photobank/ Alexey Vitvitsky

Photo 出典元

ロシア時間7月22日08:05 RIAノーボスチ
by ミハイル・カトコフ
Mikhail Katkov

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「取り返しのつかない結末:ヨーロッパに迫る新たな脅威」

日本語解説:WAU

大規模な抗議運動がヨーロッパ全土を覆っている。

人々は、高い物価、低い賃金と労働条件、自国の利益を犠牲にしたウクライナへの支援などに不満を抱いている。

参加者数では記録的な集会やストライキも判明したが、当局は譲歩するどころか、デモ隊を過激派と非難している。

ヨーロッパ人の権利のための戦いはどのように終わるのか、RIAノーボスチの記事で診ていきましょう。

■トラクター・デモ

周知のように、欧州連合は「グリーン経済」に転換した。

例えば、オランダは2030年までにアンモニアと窒素の排出を50%削減するプログラムを採択した。

しかし、地元農家にとっては、糞尿がその主な発生源である。

今後は、牛の数を半分に減らし、肥料も天然ではなく、人工のものを使わなければならない。


写真は、オランダのスーパーマーケットアルバート・ハインの配送センターへの立ち入りを農家が禁止した© AP Photo / Peter Dejong

Photo 出典元

農家の人たちは、これは事実上の職業禁止だと言っています。

政府への反抗的な行為は2ヶ月目も続く。

人々は空港、海港、流通センター、スーパーマーケット・チェーン、道路、高速道路、州境をブロックしている。

ある時は、デモ隊が400台のトラクターで「農民なし、食糧なし」のスローガンを作り上げた。

そして7月初めには、シャーマン戦車をデモに持ち込んだ。

もちろん、7月6日のその時点には、そこから発砲することはなかったが、デモ隊に対して政府は銃器を使用した。

街頭行動は、「農民防衛」運動の活動家たちが主導した。

彼らの紋章は十字架をつけた農具(熊手)であった。

彼らは「闘争基金と罰金」のための寄付金集めを発表した。

また、「農民自衛官の妻」と書かれたTシャツなど、彼らの徽章が入った記念品も販売されている。

トラクターによるデモは、ドイツのニーダーザクセン州でも行われた。

主催は「ランド・シャフト・ベルビンドゥング(大地がひとつになる)」運動の創始者、マイケ・シュルツ=ブローズ氏だ。

彼女はビートとジャガイモを栽培し、隣接する養豚場の堆肥を畑の肥料にしている、と『ベルリン・ツァイトゥング』紙は報じている。

ウェストファリアから多くの農民が、ドイツに来るのを待たずにオランダに行き、そこで政府の改革を食い止めたという。


写真は、ワルシャワでのデモ参加農民の抗議トラクター© RIA Novosti Photobank
/ Alexey Witwicky

Photo 出典元

イタリア人とポーランド人は、燃料と肥料の価格高騰に暴動を起こしている。

マッテオ・タラリコ氏が率いる「土地と農業のための運動」は、ローマ政府に対し、大企業ではなく農民を保護するよう要求している。

活動家によれば、現在の農業分野の悲しい現状は、過去30年間の誤った政策の結果である。

注目すべきは、欧米のメディアがデモ隊を支持していることだ。

例えば、ブルームバーグは、堆肥は価格が3倍になった人工肥料より25%安いと指摘している。

イギリスのガーディアン紙は、EUの政策を「農業の破壊」と呼んだ。

同紙によれば、ヨーロッパ人が飢えるか、「ハエやミミズを食べ始める」かのどちらかで終わるだろう。

■ノーフライ・ゾーン:飛行禁止区域

地球を肥やすものがない人がいる一方で、空を飛ぶものがない人もいる。

コロナウイルスのパンデミックでは、航空会社は縮小していた。

今、旅行の需要は回復し、そこで働く人が不足している。

しかし、企業は以前の損失をカバーするために急いでいるので、人員を拡大したがらない。

このようなやり方に、業界の労働組合は激怒している。

コリエレ・デラ・セラ紙によると、イタリアでは7月17日、格安航空会社の客室乗務員やパイロット、国家航空安全局(ENAV)の職員が4時間のストライキを行い、少なくとも国内線と国際線が大幅に欠航になったそうだ。

イタリアでは、これまでにも6月8日と25日にストライキが実施されている。

彼らは、賃金の引き上げ、労働条件の改善、職員の増員を求めている。

スペイン、英国、フランス、ドイツの航空労働者も同様のスローガンを掲げている。


写真は、管制官のストライキによりローマのレオナルド・ダ・ヴィンチ空港で乗客の列ができた© AP Photo / Andrew Medichini

Photo 出典元

例えば、ドイツのルフトハンザ航空労組は、高騰するインフレの影響を緩和するために、少なくとも月350ユーロの賃上げを要求している。

活動家たちは、同社の経営陣の「非常識なコスト削減」を非難し、状況が変わるまでストライキを組織することを約束している。

その結果、6月から8月にかけて、同社は6千便のフライトをキャンセルした。

スカンジナビア航空の約1000人の従業員が7月の半分の期間ストライキを行い、最大でフライトの60%に支障をきたした。

抗議者たちは、1日1250万ドルの損失を理由に解雇されると脅されたが、経営者が引き下がった。

先に解雇された450人は職場に戻され、労働条件は改善された。

■過激派がデモ

ヨーロッパでは、不満を持つ人が増えている。

EUの主な受益者とされるドイツ人でさえ、憤慨している。

ドイツ人は、食料、電気、燃料の価格上昇にショックを受けている。

ビルト・アム・ゾンターク紙によると、国民の90%以上がコスト削減を余儀なくされている。


写真は、G7サミットの傍らで記者会見するドイツのオラフ・ショルツ首相© AP Photo / Martin Meissner

Photo 出典元

反ロシアの制裁が原因であり、解除する必要があると言う人もいる。

また、解答として賃金の引き上げを挙げる人もいる。

特に、58の港湾会社の12,000人の労働者は14%の賃上げを要求している。

オラフ・ショルツ首相はインフレが「社会的爆発」になりかねないことを認め、ナンシー・フェザー内相はデモ隊を「過激派」と呼んだ。

6月末、ベルギーの首都ブリュッセルでは約8万人が街頭に立った。

これは近年で最大の大衆デモであった。

スローガンは以下の通り。

「給料に金を使え、戦争に使うな!」

「NATOを止めろ!」

労働組合総連合のティエリー・ボドソン代表は、現在、非常に多くの家庭が月末まで生活することが困難であると説明した。

デモ参加者によると、最低賃金を1.8千ユーロから2.3千ユーロに引き上げるべきだと言う。

イギリスでは、6月末から1989年以来最大の鉄道労働者のデモが行われた。

少なくとも4万人が参加しており、賃金の凍結を希望し、一部の従業員は解雇されることがわかったという。

■第4の帝国の誕生

2018年、フランスで「黄色いベスト運動」が発生し、瞬く間に多くのEU諸国に波及した。

2020年には、コロナウイルス規制反対派の集会で欧米が震撼した。

しかし、RIAノーボスチが取材した専門家によると、ヨーロッパ人の権利のための戦いは成果を上げられそうにないという。

主な障害は、当局が国民を操作するための情報封鎖である。

「欧州連合の指導者たちが、自分たちの利益に反して、米国の対ロシア制裁を支持したために、我々は悲劇が展開されているのを目撃しているのです。もしブリュッセルの政策が変わらなければ、この危機は取り返しのつかない事態を招くだろう。同時に、デモの街頭活動はまだピークには程遠い」

と経済学者のアレクサンドル・ドゥチャックは言う。


写真は、2019年1月12日、パリで行われた「黄色いベスト」抗議デモの参加者たち。黄色いベスト」デモは11月中旬、燃料税とガソリン価格の値上げを行わないという要求から始まり、その後、フランス当局の社会政策への不満が加わった© RIA Novosti Photobank/ Julien Mattia

Photo 出典元

ドゥチャック氏によると、EU市民は最後に政府を変え、モスクワに対して課された戦いに終止符を打つチャンスがある。

しかし、人々は自分たちの悩みの全原因に気づかない可能性が高い。

何故なら支配エリートは彼らを欺くだろうから。

「特に、西側諸国はウクライナの件で政府にとって都合の良い情報を十分に国民に与えているので、ヨーロッパは今、第四帝国の建設という道を歩んでいつと言える。経済危機は軍国主義を引き換えに戦い、ユダヤ人の代わりはロシア人にしているのだろう」

とこの経済学者は示唆する。

政治学者のセルゲイ・マルコフ氏は、自己欺瞞の危険性を警告する。

「ウクライナは8年の間に、非常に効果的な全体主義的ネオナチ政権を形成し、その軍隊はロシアと対等に戦おうとしている。ヨーロッパに幻想を抱くべきではない」

と強調した。

ヨーロッパは反ロシア制裁による経済圧力の下、EUでは貧しく欺かれた民衆を基盤とする独裁国家が出現し、諸悪の根源はロシアにするだろうと専門家は指摘した。

以上。

スポンサー広告
初期工事費用無料キャンペーン実施中!【BIGLOBE光】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。