Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「彼はもはや信頼されていない:マクロンは権力を持ち続けることができるのか」

Photo 出典元 © AP Photo / Bob Edme

ロシア時間7月15日08:02 RIAノーボスチ
by レナト・アブドゥリン
Renat Abdullin

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「彼はもはや信頼されていない:マクロンは権力を持ち続けることができるのか」

日本語解説:WAU

フランスのトップが危機感を募らせている。

国会では政府不信任決議案が可決されなかったが、野党のイニシアチブは警鐘を鳴らすものである。

RIAノーボスチが、フランスの議会と内閣の対立が激化することによるマクロン大統領への危険性について報じている。

■意向表明

野党は、いわゆる問責決議案を衆議院で可決しようとした。

簡略化された言葉ではあるが、政府に対する不信任決議、およびそれに続く辞任要求を意味する。


© RIA Novosti Photoalbum/ Irina Kalashnikova
写真は、2016年7月14日、ニースでのテロ事件を受け、フランス下院である国民議会が入るパリのブルボン宮の建物がフランス国旗の色でライトアップされた。2016年7月19日、国民議会のメンバーは、非常事態に関する1955年4月3日付法律第55-385号の適用を6ヶ月間延長する法案を可決した。

Photo 出典元

前世紀半ばから、このような決議が国民議会で100回以上行われたが、可決されたのは、1962年のポンピドゥー内閣に対する1回だけである。

当時、シャルル・ド・ゴール大統領が彼を擁護し、この事件は早期の議会選挙で幕を閉じた。

フランスの議員たちは、政府の反対を指摘し、明確なメッセージを送る機会を逃さないので、不満のある国民議会と一緒に仕事をするのは簡単なことではない。

現在、この決議は、「ヨーロッパ」同盟の中核である「新環境社会連合」(NUPES)によって主導されている。

「エコロジー緑の党」、「社会党」、「共産党」、そしてジャン=リュック・メランション氏が率いる「征服されないフランス」運動など、国会議員選挙で左翼が勝利した場合、首相の座に就こうと考えていたのは彼だった。

メランション氏は、

「私たちは野党です。野党は、反対によってのみ存在する」

と強調し、内閣に反対することの必要性に言及した。

■支持を求めるマクロン

しかし、結局、野党の主張は、派手なデマルシェだけで終わってしまった。

ロシア科学アカデミー世界経済・国際関係研究所(IMEMO)のシニアリサーチャー、アリーナ・プレオブラジェーンスカヤ上級研究員がRIAノーボスチとの対談で述べているように、この構想は事前に運命づけられていたのである。

左派の野党は、必要な289票を獲得することができず、146人の議員が賛成票を投じただけであった。


写真は、パリのバスティーユ広場で行われた集会で演説するフランス大統領候補のジャン=リュック・メランション氏© RIA Novosti Photobank/ Irina Kalashnikova

Photo 出典元

メランション氏は、たとえ決議案が可決されず、親マクロニアンのエリザベス・ボルン首相が率いる内閣が辞任しなくても、少なくとも国民議会の早期選挙が招集されるだろうと期待した。

ドゴールのように議会を解散させるか、子飼いの大統領を罷免するか、2つの選択肢があったのだから、この計算は正しかった。

メランションは、2つ目のシナリオを考えていた。

しかし、フランスのオリビエ・ヴェラン民主主義刷新担当大臣は、

「選挙は終わったのだから、すぐに次の投票や再編を期待する理由はない」

と述べた。

これらはすべて、新人民連合環境社会連合(NUPES)が「対抗」することに成功しなかったということではない。

大統領を支持する「Together」連合は、250の委任状しか持っていないため、いずれにしても制約がある。

つまり、「自動的な意思決定のために39人の代理人が必要」なのだが、左派は確実にそれを出さない。

右派からの支援もあり得るが、そこでも状況は難しい。

すべてが右肩上がりに迫っている。

マクロン大統領とその所属する議会は一般に中道と考えられているが、大統領は左派でも右派でもあると主張し、あらゆる視点からの支持を強調している。

2つの椅子に座るという試みは、今のところ期待された結果を生んでいない。

フランス人は今でも大統領を金持ちのための「右翼」に分類している。

同時に、右翼自身も、メランション氏との条件付きの同盟を目指さない一方で、マクロンの側につくことを急がない。

フランスのアナリストは、89の委任状を持つマリーヌ・ルペン率いる国民連合は、政府を減速させる必要さえない状況にかなり満足していると推測している。

とはいえ、右翼が「Together」の一部の取り組みに立ち上がる可能性もないわけではない。

しかし、その票の重要性を認識しているため、有利な条件で交渉することができるだろう。

また、左派の活動が活発化する中、右派が予定していた衛生保障に関する法案(新型コロナウイルスによる規制の拡大)の審議延期に合意したことは、示唆的である。

政府は以前からこの構想を働きかけていたが、国会での審議は無期限に延期されている。

右も左もブロックできるのは、単に原則に基づくものだけだ。

■回避策

ロシア科学アカデミー欧州研究所フランス研究センター長のユーリー・ルビンスキー氏は、現在の政府と左派議員の対立は、議会選挙で野党が過半数を得られなかったことの論理的帰結であると指摘する。

とはいえ、この状況自体は決して特殊なものではない。

マクロン大統領以前には、2期目の再選を果たした大統領は、フランソワ・ミッテランジャック・シラクの2人のみである。

どちらも、敵対する国会とやり取りをしなければならなかった。


写真は、フランス議会選挙結果について演説するエリザベト・ボルン首相© AP Photo / Ludovic Marin

Photo 出典元

政府と大統領は、議会の多数決がない場合、決定を実行する権利を持っている。

フランス憲法第49条は、国会議員が法案を受け入れない場合、内閣が独自に不信任案を提出する権利を与えている。

それが支持されなければ、議論文書は自動的に可決されたとみなされるのだ。

問責決議が失敗した今、与党同盟は、採決に賛成する野党の声が十分でないことを確信している。

そのため、回避策は残っている。

しかし、

「その使い方は限定的で、議論を呼ぶ予算や社会問題だけが該当する」

とルビンスキー氏は説明する。

法律案の不信任案は、国会で一度しか発議できず、一般に政府の弱腰を示す、非常に不人気な措置とされているのだ。

■早期の選挙は避けられない

左翼の決議が失敗したからといって、不信任案がなくなったわけではない、と彼は付け加えた。

「例えば夏の終わりの1ヶ月で上げることもある」

とルビンスキー氏は言う。

現在の国民議会の構成は、極右、左派、大統領の中道派の3つに明確に分かれていることは既に明らかである。

政府を支援する可能性のある穏健な右派の共和党に大きく依存する。

しかし、彼らは内閣の具体的な取り組みを見ていくことになる。

危機が去ったのではなく、先送りされただけなのから、1年以内に国会は解散し、早期の選挙が行われるだろう。

マクロン大統領の個人的な評価は下がり続けている。

権威ある出版社フィガロ新聞によると、夏にかけての1ヶ月半で大統領への支持率は32%に落ち込んでいる。

また、マクロンがタクシーアグリゲーターのUberに協力したことをめぐるスキャンダルも、彼にとって政治的に不利なポイントとなるだろう。

フランスの指導者の能力が継続するかどうかは、不安定な国会でどのような対策を推し進めるかにかかっている。

とりあえず、国民の購買力に関する法案が次の議題として挙がっている。

当局の構想では、その実施に2200億ユーロを充てることになっているが、これには野党から疑問の声が上がっている。

フランスの借金はすでにGDPを上回っており、さらに増え続けているため、資金調達はますます困難になっている。

そして、この構想が失敗すれば、大統領と首相の個人的な責任を問う国民の不満はさらに大きくなる。

マクロンは再選どころか、このような状況では現在の任期さえ霞んで見える。

フランスの指導者は、外交政策でも成功していない。

7月1日にEU理事会の議長職が終了し、軍事的役割の拡大を含むEU改革のためのすべての構想が宙に浮いた状態になっているのだ。

以上。

スポンサー広告
さぁ文房具を楽しもう!【LETS STATIONERY GOODS】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。