Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「アメリカの政治学者はいかにして『プーチンにとって無知な便利屋』になったか」

写真は、アメリカ人の政治経済学者、フランシス・フクヤマ。© AFP 2022 / ボリス・ホルヴァット

Photo 出典元

ロシア時間6月14日09:03 RIAノーボスチ
by ピーター・アコポフ
Peter Akopov

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「アメリカの政治学者はいかにして『プーチンにとって無知な便利屋』になったか」

日本語解説:WAU

「ロシアを貶めるな」

というマクロン大統領の呼びかけに逆行する、驚くべき議論が西側で行われている。

この問題そのものがおかしいというわけではないが、西側諸国はロシアを辱めることはできない。

なぜなら、自分に依存している相手(そして、共通の価値観とまではいかなくても、少なくとも一つの座標軸を共有している相手)にしか恥をかかせることはできないが、西側とロシアの関係については、そのようなことは何もないからである。

ヒラリー・クリントンによるマクロン大統領への最新の非難は、それが「過去のこと」であるという事実を示しており、彼らはパラレルワールドに住んでいる。

なぜなら、彼らはロシアが負ける、あるいはすでに負けていると考えており、ロシアをどの程度打ち負かすか、どの程度傷つけるか、ということにしか関心がないのだ。

このことを語るのは政治家だけでなく、アメリカの哲学者フランシス・フクヤマのような思想界の巨匠もいる。

彼のWELT(ドイツのTVニュースチャンネル)での最新のインタビューは、この積み重ねを示す好例である。

1989年に歴史の終わりと自由民主主義の勝利の時代の到来を予言したことで有名になった人物にとって、またしても思わせぶりで自虐的な発言をするのは当然のことである(これは文字通り、世界のすべての人民は、統一された人類の明るい未来のために、西洋の足跡に向かって団結して行進するという意味である)。

今、ウクライナで大人気のフクヤマ教授は、最近ウクライナ国家再建評議会の顧問にも任命され、政策立案を注いでいる。

その第一弾は、特別作戦が始まった直後の3月に発せられた。

その時、教授はこう述べた。

「ウクライナの問題は、広範な自由民主主義秩序の存続である。ウクライナというこの国のためだけの戦いではない。実は、1991年、旧ソ連崩壊後に起こった自由民主主義の領域の拡大全体を覆す試みなのです」

つまり、フクヤマ自身が以前から認識していた自由主義の勝利の失敗は、いまや失敗でもなければ既成事実でもない。

負けるのは、「必然」を元に戻そうと、時間を戻そうとするのがロシア人であり、西側の彼らは勝利し、人類を歴史の正しい道に戻す必要があると言っているのである。

6月初旬には、フクヤマはすでにすべてがうまくいっており、ロシアは事実上敗北し、新しい世界秩序が到来する(というより、戻ってくる)と確信していたのである。

フクヤマは言う。

「そう、この新しい秩序は今、形づくられつつある。それは、西側民主主義陣営とロシアや中国などの権威主義政権との長年の闘争の結果である。

今回の戦争は、このプロセスの頂点に立つものだ。

ロシアは戦場での敗北を重ね、これからウクライナ軍によってドンバスから追放されることになる。これはプーチンにとって破滅的な失敗である。彼は敗者であることが証明された。そして、それは戦争だけの話ではない。完全な政治的失敗について話しているのだ。

NATOはスウェーデンとフィンランドに拡大するようです。西側がこれほど一致団結したのは久しぶりだ。

ドイツは過去40年間の東方政策を修正し、ウクライナに重火器を供給している。

米国は、トランプ政権下で失われた世界のリーダーとしての役割を再び発揮している。欧米は攻撃されたウクライナに大規模な支援を行っている

<中略> ロシアが陥った奈落の底から這い上がるのは難しいだろう。北朝鮮のように、国際的な世界秩序から排除されるだろう」

フクヤマの楽観論が現実離れしていると思う人は、彼が何を根拠にしているのか理解できないだろう。

そして、この教授はロシア大統領を全人格的に捉えている。

「プーチンは単独で、何の制約もなく、しかも情報や専門家のアドバイスから遮断されて支配している。彼は自分の妄想の世界に生きている。ウクライナもその一例だ。

このテーマで彼が自ら描いたものはすべて間違っているが、彼はその幻想にしっかりとしがみついている。なぜなら、彼はワンマンな支配を作り上げたからだ。加えて、彼は明らかに精神的な問題を抱えている。

彼は偏執狂的な性格だ。誰の話も聞かず、空想に支配されている。しかし、これは権威主義的な国に共通する脅威である。

もちろん、これはまさに私たち『反体制の闘士』が何年も前から言ってきたことであり、今や彼らは大量に『外れている』のである。

プーチンはただの偏執狂的な独裁者だ」

問題は、そのような「理解」は、フクヤマが代表する科学とは何の関係もないということである。

プーチンが「偏執狂で情報を遮断されているからウクライナを攻撃した」と考えるのは、非常にアカデミックなアプローチなのだ。

そして、ロシアの歴史、欧米との関係の歴史、現代の地政学的プロセスや動向一般は、彼にとってすべて余計なお世話で、タブロイド紙がそれにふけるのは勝手だが、スタンフォードの教授はそんなことをする立場にはないのだ。

しかし、フクヤマと彼の次の予言には、興味深い点が2つある。

第一に、欧米で神託を受け、最も影響力のある哲学者と謳われた教授が、平凡なプロパガンダ論者に変貌し、しかも、ほとんど資料を知らず、歴史の流れも感じられない人物になったことである。

それにもかかわらず、2つ目は、フクヤマは西側にとって、重要な問題に対する答えを持つ権威であり思想家であり続けていると言う点だ。

つまり、盲人が盲人を導くということである。

残念ながら、まさにその通りである。

ジョージ・ソロス、フクヤマ、その他のグローバリゼーションの第一人者たちは、一般大衆からというよりも、言説を決定する人々、西洋のアジェンダを形成する人々から、依然として求められているのである。

そして、これは非常に悪い兆候であると同時に、非常に良い兆候でもある。

悪いのは、大西洋世界の経営的・知的意思決定の中心がどの程度弱っているかを示すからだ。

強さはまだあるが、明らかに知性が欠けているのだ。

対立や不安が高まっている状況では、この組み合わせは対立シナリオが紛争シナリオに発展するリスクを下げるどころか、高めてしまうのだ。

しかし、良い兆候は、ロシア、そして歴史を知る側の現実、それらの目標に対する理解不足と、ロシアの敗北に賭けることが、全体としてロシアに有利に働いていることである。

つまり、本当の「プーチンの役に立つ愚か者」は、ドイツのシュレーダーでも、イタリアのベルルスコーニでもなく、ソロスやフクヤマであることは間違いない。

以上。

スポンサー広告

スマホで参加!無料の資産運用セミナーで投資を学ぼう【マネきゃん/Money Camp】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。