Extra ニュース

AMACニュース「米民主党は『超党派』法案に見せかけ、『投票者ID』の廃止を目論んでいる」

Photo 出典元

米国時間02月09日AMAC

「アソシエーション・オブ・マチュア・アメリカン・シチズン(AMAC)は、2007年に設立されたアメリカ合衆国の保守系擁護団体・利益団体です。元保険代理店経営者のダニエル・C・ウェーバー氏が会長兼創設者です。

AMACは自らを『精力的な保守派』と表現し、トークショーホストのグレン・ベックをはじめとする著名な保守派の人物から支持を得ています。 AMACは、最も早い退職年齢を62歳から64歳に段階的に引き上げ、『所得に応じた階層構造で生活費の増加を保証する』という社会保障制度の計画を支持しています。 AMACは石油・ガス産業を支持しており、『環境にとってかつてないほど安全である』と主張しています。同団体の会長であるダン・ウェーバーは、クリーンエネルギーを推進するオバマ政権以来の政策を撤回するよう求めています」」

by アンドリュー・アボット
Andrew Abbott
アンドリュー・アボットは、政治と文化が交差するDCで10年以上の経験を持つ、ライター兼広報コンサルタントのペンネームです。

日本語解説:WAU

「米民主党は『超党派』法案に見せかけ、『投票者ID』の廃止を目論んでいる」

アンドリュー・アボット氏は言います。

ジョー・バイデン大統領の2020年の選挙戦は、政府の結束と有能さを約束することが重要でした。

しかし、まだ1年しか経っていないのに、彼の立法戦略は構成力も団結力もないことが証明されました。

2021年は、2つの重要な支出法案を通過させたものの、民主党の法案は全体的に失敗に終わりました。

しかし、バイデン氏の急進的な政策が行き詰まり、中間選挙での敗北が迫る今、民主党は、11月に有権者に落選させられる前に、自分たちの進歩的な優先事項をいくつかこっそりと、あるいは強引に通すことを期待して、失敗した古い法案を表向き「超党派」の法案に詰め込むという新しい戦略に転じているのかもしれません。

バイデンは、超党派で働くことを約束し、現実的な穏健派として米国民にアピールした後、就任早々、積極的に党派的な立法戦略に舵を切り、民主党員全員をまとめることさえできませんでした。

いわゆる「超党派」の1兆2,000億ドルのインフラ法案は、少数の共和党員の票を獲得したものの、保守派たちは、超党派の名の下に極左的な施策がたくさん隠されているのではないかと心配していました。

それ以降、民主党の進歩的な野望は、共和党員や一部の穏健派民主党員にとっても無視できないほど露骨なものとなり、バイデンの5兆ドル規模の「Build Back Better」法案や、選挙を連邦政府が引き受けることを何度も試みましたが、上院では失敗に終わりました。

また、民主党は、議事妨害の廃止、最高裁判事の詰め込み、選挙人団の廃止、上院での恒久的な多数派を確保するためにワシントンDCとプエルトリコを新たに民主党の州として加えるなど、進歩的なアジェンダの他の面でも、努力してもあまり進展しませんでした。

現在、民主党のイメージは悪化し、世論調査では11月に共和党の波が来ると予測されているため、民主党はどんな手段を使ってでも自分たちの政策を実現しようと必死になっています。

民主党は、選挙管理法(ECA)の改革など、「超党派」と言われる政策を再び支持することで、そのチャンスを掴むことができるかもしれません。

ECAは1887年に制定されたもので、大統領選挙の際に議会が選挙人の数を数える際の規則と手続きを定めることを目的としています。

具体的には、特定の州でどちらの候補者が勝利したかという論争を、議会と副大統領がどのように処理するかを規定しています。

しかし、この法律があまりにも曖昧で混乱を招くため、選挙の際に不確実性が増す恐れがあると、法案成立当初から批判されていました。

2000年以降、ECAは民主党によって大統領選挙の結果に異議を唱えるために3回使用されており、最近ではトランプ元大統領の2016年選挙とジョージ・W・ブッシュ大統領の両選挙の認証の際に使用されました。

また、2020年の選挙の認証に反対する活動の中で、共和党のグループによってECAが引用され、2021年1月6日の出来事をめぐる論争の中心となりました。

ECAの改革案では、議会も副大統領も、州議会選挙の公式結果を覆す権限を持たないことが明確になります。

しかし、このECAの限定的な改革案は、超党派の支持を得ており、明確で具体的な目標を持っていますが、進歩的な票買収の最新のターゲットになるかもしれません。

今週末、ジェイク・タッパーとのインタビューの中で、ジョー・マンチン上院議員(民主党)とリサ・マコウスキー上院議員(共和党)は、民主党がこの法案に「連邦政府の投票権を成文化した拡大法」を盛り込むことを目指していることを明らかにしました。

ジェイク・タッパー氏

ジェイコブ・ポール・タッパー(1969年3月12日生まれ)は、アメリカのジャーナリスト、作家、漫画家。CNNのワシントン支局長であり、平日のテレビニュース番組「ザ・リード・ウィズ・ジェイク・タッパー」の司会、日曜朝の公共問題番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」の司会を務めています。CNN入社以前は、ABCニュースでシニア・ホワイトハウス特派員として活躍し、ホワイトハウス特派員協会からメリマン・スミス・メモリアル賞を3度受賞しています。

Photo 出典元

この言葉は、民主党が失敗に終わった他の3つの選挙法案を売り込むために使われた、誤解を招くようなレトリックに酷似しています。

民主党にとって「連邦政府の投票権を成文化する」とは、「有権者ID」のような常識的な選挙管理手段を完全に禁止し、「投票用紙の回収」「普遍的な郵便投票」を導入することと同義語になっています。

民主党議員の追加により、法案は透明性のある超党派の合意から、これまで3回も成立しなかった選挙買収法案と本質的に同じものになってしまいます。

ジョー・マンチン上院議員

Photo 出典元

リサ・マコウスキー上院議員

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
ソニー/多機能型シーリングライト

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。