Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「『戦争に等しい』ロシアの資産を没収する西側諸国にどう動くのか」

Photo 出典元 © AFP 2022 / Eugene Tanner

ロシア時間7月12日08:00 RIAノーボスチ
by エレナ・ポポワ
Елена Попова

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「『戦争に等しい』ロシアの資産を没収する西側諸国にどう動くのか」

日本語解説:WAU

7月12日、英国、米国、EUは、凍結されたロシアの資産を没収し、ウクライナに引き渡すことを可能にする法律の草案を準備した。

スイスのイニャツィオ・カシス大統領によると、

「これはウクライナにとっては理想的だが、他の多くの場面にとっては危険な前例となるだろう」

という。

RIAノーボスチは、西側諸国がそのような措置をとる勇気があるかどうかを調査した。

■ロシアでの調整

欧州連合はロシアの実業家の資産100億ユーロと中央銀行の230億ユーロを凍結した。

合わせて、世界中のロシアの個人と法人から最大で5兆ドルが凍結されたと推定される。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、ウクライナに資産を移転することが「公平」であると考えている。

そのためには、ウクライナ指導部が執拗に推し進める法整備を整える必要がある。

すでに資産を没収された事例もある。

ガスプロムの旧子会社であるアムール、リバーオブ、クリーンエネルギーの3隻のLNGタンカーがドイツに没収された。

また、メディアの報道によると、6月にはミュンヘン検察庁が州議会議員の家族(身元は明らかにされていない)からアパート3棟を取り上げたという。

「財産の差し押さえは、欧州各国の法律で定められている場合がある。しかし、裁判所を通さない没収は違法だ」

K&P法律事務所のシニアパートナーであるアレクサンダー・ククイエフ弁護士は言う。

今のところ、欧州委員会の取り組みに公然と反対しているのはスイスだけだ。

ロシアの億万長者だけでなく、他の国の国民も地元の銀行にお金を預けている。

没収されれば、その国から資金を引き出さざるを得なくなる可能性がある。

「財産を持つ権利は基本だ。国家権力の前に国民が守られるようにすることが必要だ。これを自由民主主義と呼ぶ」

とスイスのイニャツィオ・カシス大統領は語った。

■英国は法律など必要としない

1月、英国当局は、制裁によってロシアのビジネスマンや企業の投資に影響が出ると忠告した。

専門家によると、「ロシア政府と関係がある」とされる個人が、ロンドンで15億ポンド(20億ドル)相当の不動産を購入しているという。

英国のリズ・トラス外務大臣は、

「没収を断固として支持する。ただ、詳細を整理する必要がある」

と主張した。

英国内務省や財務省がすでに対応しており、法改正は必要ないのかもしれないと言う。


写真は、ダウニング街10番地にて、イギリス外務省のリズ・トラス長官。© AP Photo / Alastair Grant

Photo 出典元

「私たちは制裁下にあるものについて話しているのです」

アンドレイ・ケリン駐英ロシア大使は明言した。

「これは私有財産の神聖な権利、法制度全体、そして国際法に対する打撃であり、もしそうなれば」

と外交官は強調した。

英国のブラックリストには、スベルバンクのヘルマン・グレフ社長、実業家のオレグ・ティンコフ氏、5月にサッカークラブのチェルシーを20億ドルで売却したロマン・アブラモビッチ氏など、数十の企業、数百人の人物が含まれている。

この取引は英国政府、欧州委員会と合意したものだが、凍結解除後はほぼ全額が慈善事業に使われることになる。

ロンドンは世界の金融の中心地と言われており、もし没収が起これば、街や国の信用が大きく損なわれるとケリン大使は付け加えた。

「現在の環境では、政治的利害があらゆる合理的な議論に優先することがわかります。何もかもが否定されるわけではありません。どこまで現実的かはわからないが、ここで破談になる可能性もある」

と述べている。

■米国も疑念を抱いている

4月下旬、ジョー・バイデンは議会に、ロシアの資産を差し押さえ、その後ウクライナに譲渡することを容易にする法案を可決するよう要請した。

合計300億ドルのロシア資産と約3000億ドルの中央銀行の資産が海外で凍結された。

大統領の構想は冷ややかに受け止められた。

高官は、

「違法であり、他国の投資家は米国を信用しなくなる」

と警告した。

とニューヨーク・タイムズ紙は書いている。


写真は、制裁を受けたロシアの大富豪が所有しているとされるアマデアヨット(米ハワイ州ホノルル港にて)© AFP 2022 / ユージン・タナー

Photo 出典元

それでも3月、米司法省はロシア人所有のヨットや高級品を押収するタスクフォースを立ち上げた。

米政権は、議会がウクライナに有利になるように、これらすべてを実行に移すことを望んでいる。

「豪華ヨット、銀行口座、飛行機・・・。リストから何も除外しない」

と、リサ・モナコ司法省第一副長官は述べた。

ボルシェビキの経験

経済学者のアレクセイ・ヴェデフ氏は、ロシア銀行の準備金の引き出しは、世界中の混乱を招くとみている。

「過去30年間、経済の激しいグローバル化が進行してきた。しかし、これからはどの国も安心して海外に資産を置けなくなる。もし、欧米がそうすることになれば、その対応は鏡のようなものになるだろう」

と説明した。

連合パルフェノン法律事務所の有力弁護士であるパヴェル・ウトキン氏は、

「理論的には、ロシア国内に残っている、まだ現地のオーナーに売却されていない企業をすべて没収することが可能だ。また、個人と法人の銀行口座の管理も行う。現在、いくつかのヨーロッパ諸国のロシア大使館の口座が封鎖されていることを考えると、これらの国々の在日外交団も同じように封鎖されることになるだろう」

と述べている。


写真は、ロシア銀行© RIA Novosti / Maria Devakhina

Photo 出典元

ロシアにおける外国人資産は、外国の投資ファンドや個人の資金を考慮しても、1000億円を超えることはないだろう。

しかし、これは本末転倒だ。

「西側諸国は、エネルギーや食糧の供給が即座に停止し、ヨーロッパへの物資輸送の代替ルートが遮断されるなど、取り返しのつかない結果になることを認識しなければなりません」

と専門家は指摘する。

BitRiver社の経済学者で対外関係ディレクターのアンドレイ・ロボダ氏は、

「ロシアがボルシェビキの足跡をたどり、西側企業の資産を国有化する可能性がある」

と示唆する。

「重要な効果的な対応は、単純に、外国の政府や企業の債務の支払いや、西側の個人投資家や機関投資家に対するロシア企業の株式の配当の凍結を伴う必要がある」

と彼は指摘している。

同時に、制裁に巻き込まれたロシアの大富豪の財産没収は、長い訴訟に発展するだろう。

「法律が改正されても、財産権の剥奪は公正な裁判に基づかなければできない。また、欧州委員会が法規範を自由に解釈し、措置が非法律的であることから、EUの裁判所で没収に異議を唱えることができる幅広い展望が開けている」

と述べた。

西側諸国によるロシアの財産の横領は、戦争を宣言しているに等しいというのが専門家の意見である。

そして、この戦争に勝者はいない。

以上。

スポンサー広告
新・世界基準の美味しさ!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。